スピーチのコツ9つ!上手なスピーチの仕方や構成や例文を紹介!

今回はスピーチのコツについてご紹介いたします。スピーチが苦手な人でもその方法、例文、と段階を踏んで丁寧に学んでいけば大事上部です。ここで学んだスピーチの方法や例文といったコツを活かして、ぜひ朝礼などでのスピーチを上手に乗り切ってください!

スピーチのコツ9つ!上手なスピーチの仕方や構成や例文を紹介!のイメージ

目次

  1. 1なぜ朝礼などでスピーチを行うのか
  2. 2上手なスピーチにはコツがある!
  3. 3スピーチのコツ9つ!
  4. 4上手なスピーチは構成にもコツがある
  5. 5上手なスピーチのための例文
  6. 6上手なスピーチの仕方!話し方と目線のコツは?
  7. 7スピーチはシチュエーションに合った内容選びが重要
  8. 8スピーチで緊張しないためにイメトレも大事
  9. 9朝礼スピーチよりも長いスピーチでも基本は同じです

なぜ朝礼などでスピーチを行うのか

小学校、中高の朝礼でスピーチの時間があったという人もいらっしゃるのではないでしょうか。スピーチの時間というのは多くの人にとって苦痛の時間であるということができるでしょう。もはや公開承継のように感じているという人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではなぜ朝礼などでスピーチを行うのかについて見ていきましょう。スピーチというのは決してあなたを苦しめるために存在しているわけではありません。朝礼などでスピーチをするのにはちゃんと意味があるのです。

人の前で自分を発信する訓練としての役割

現代ではSNSの発展などを通じて、自分の意見を言ったり、ある議題について意見を戦わせるということは急速に容易なものとなってきています。しかし、人の前で自分を発信するということが現代でもなお重要なスキルであることには変わりません。

SNSなどを通して、自分を発信するということは容易ではありますが、いまのところそれだけでなんとかやっていくというのはまだまだ難しい部分があります。だからこそ、スピーチは人前で発信するということを実践する訓練の場としての価値があるのです。

上手なスピーチにはコツがある!

学校や仕事の朝礼でスピーチをする機会があるけれども、上手なスピーチの方法や内容の構成の仕方について良くわからないという方もいらっしゃることでしょう。今回はそういった方のために上手なスピーチな方法や内容の構成の仕方についてお話します。

朝礼でのスピーチというのは聞く人の目線が一点に集まるため、非常に緊張するものです。しかしスピーチにはいくつかのコツというものがあります。したがって、上手なスピーチの方法や内容の構成の仕方について知っていれば、きっと緊張せずに乗り切れるでしょう。

スピーチのコツ9つ!

先ほども述べたようにスピーチには緊張している中での話し方や内容の構成の仕方にコツがあります。そこで、ここでは上手なスピーチができるようにスピーチのコツについて見ていきましょう。参考にすれば朝礼などのスピーチでもうまくいくことでしょう。

朝礼などでのスピーチというのは誰しもが緊張するものです。しかし、緊張というのは慣れていないからこそ起こるものです。したがって、これからご紹介するスピーチでのコツをつかむことができれば、自信が生まれ、緊張も和らぐことでしょう。

入念に練習する

スピーチのコツとして。まず入念に練習するということが挙げられます。先ほども述べた通り、スピーチで緊張してしまうというのはスピーチに対する不安が原因なのです。したがって、入念に練習することによって、成功のイメージを持ちましょう。

スピーチの練習をするときというのはもちろん、回数をこなすことも重要ですが、回数だけにとらわれることのないようにしてください。自分の話し方、そして内容の構成の仕方に問題はないかなども確認しながらスピーチの練習するようにしてください。

タイトルを付ける

スピーチのコツとして、タイトルを付けるということも上げられます。スピーチにタイトルをつけることによって、聞き手もこれからどのような内容について話すのかを想像する余地が与えられます。したがって、スピ―チをわかりやすいものとすることができます。

スピーチにタイトルを付けるときはできるだけ聞き手にインパクトの残る名前にするとよいでしょう。もちろん、そのスピーチの内容や構成が簡単にわかるようなタイトルを付けることが大切であるということは言うまでもありません。

会場の雰囲気に対応する

スピーチのコツとして、会場の雰囲気に対応するということが挙げられます。スピーチの緊張の原因として、スピーチのコツがわかっていないということに問題がある場合だけでなく、スピーチをする場になれていないということが挙げられます。

スピーチを行うときは早めに現地入りし、自分がスピーチする場所というのはどのような雰囲気を持っているのかをつかむようにしましょう。そして、登壇してスピーチをしている自分の姿を想像すると、よりイメージが湧くでしょう。

自己紹介をする

スピーチをするときのコツとして、自己紹介をするということが挙げられます。スピーチをするときというのは聞き手のほとんどが顔も名前も知らない人が相手であるということも少なくないことでしょう。したがって、まずは自分を知ってもらう必要があります。

自己紹介をすることで、自分がどのような経歴を辿ってきた人であるかということなどが分かり、聞き手としてもその人に対する信頼感や興味というのが生まれてくるはずです。そのようにして自分のことをわかってもらえばあなたのスピーチは成功に近づきます。

ボディーランゲージ

スピーチのコツとして、ボディーランゲージというのが挙げられます。ボディーランゲージというのはいわゆる「身振り手振り」のことを指します。自分のスピーチにボディーランゲージを導入することによって、自分の話している内容に不思議と説得力が伴います。

これはなぜかというと、ずばりボディーランゲージによって、聞き手は話者の「伝えよう」という賢明な姿勢を感じ取ることができるからであるということができるでしょう。仮に本当はスピーチなんて嫌だとしても、ボディーランゲージは試してみるべきです。

軸からぶれないスピーチを心がける

スピーチのコツとして、軸からぶれないスピーチを心がけるということが挙げられます。スピーチの構成があまり上手ではないと言えるスピーチとして、話が次々と関係ない方向へと飛びなかなか本題に直結する部分が分からないスピーチというのが挙げられます。

スピーチというのは本来あなたがある一つの決まったことを伝えようとするために存在するものです。したがって、その内容があっちこっちに行ってしまってはスピーチとしての意味をなさないということができるでしょう。それではただのトークショーです。

そうなってしまわないように、それぞれの構成部分が自分の主張とどのようなつながりを持っているのかということを意識するとよいでしょう。

主張→理由→結論

スピーチのコツとして、「主張→理由→結論」という順番で話すということが挙げられます。スピーチの構成の仕方についてはあとでもう一度詳しくご紹介いたしますが、この「主張→理由→結論」という流れはスピーチの構成の仕方としても基本的な部分です。

まず、主張を述べることによって、聞き手は話し手がこれからどのようなことを伝えようと思っているのかを把握することができます。そして、それに説得力を付け加えるのが理由です。最後に結論を言うことによって、主張を再び確認し、幕を閉じます。

大事なことは何回か繰り返して伝える

スピーチのコツとして、大事なことは何回か繰り返して伝えるということが挙げられます。スピーチの中でもあなたが特に伝えたいことというのはいくつかあることでしょう。あなたの主張はもちろん、その他の話の根幹となる部分すべてにおいてです。

そういったあなたが伝えたいと思っていることは確実に聞き手に伝えたいものです。だからこそ、繰り返し伝えることによって聞き手の印象に残るようにするのです。このスピーチのコツというのは非常に重要なテクニックであるということができるでしょう。

姿勢を整える

スピーチのコツとして、姿勢を整えるということの挙げられます。姿勢を整えるというのは、なんとなく良いことには思える反面、スピーチをより良いものにするにあたって、いったい何の意味があるのだろうかと疑問に思ってしまうことでしょう。

しかし、姿勢を正すということには大きな意味があります。姿勢を整えることによって、あなたはとてもきちんとした人に見えます。そういった印象によって、聞き手のあなたに対する評価というのは知らず知らずのうちに形作られていくのです。

上手なスピーチは構成にもコツがある

さて、ここまでスピーチにおけるコツについて見てきましたが、上手なスピーチというのは内容が興味深いのはもちろんですが、それだけではなく、構成の仕方にも工夫がなされています。つぎはスピーチの構成の仕方について見ていきましょう。

上手なスピーチの構成の仕方というのはいくつかの方法があるのですが、それらの方法の一つ一つを意識してスピーチを構成すれば、きっと聞き手にとってもよりわかりやすい説明の仕方ができるようになることでしょう。ぜひ参考にしてください。

問いかけで聴く人の注目を集める

上手なスピーチの構成の仕方として、問いかけで聞く人の注目を集めるというテクニックがあります。スピーチに対して、聞く人が話し手に興味を持てない原因の一つとして、スピーチが受け身の形になってしまっているからであるということが挙げられます。

人間というのは受け身なってしまうとどうしても安心してしまい、自分から行動を起こそうと思うことができないものです。したがって、聞く人に対して問いかけをすることによって、聴く人も背筋をピンとただして、きちんと聞こうという気になるのです。

物語や引用を用いて聞く人の理解度を高める

上手なスピーチのコツとして、物語の引用を用いて聞く人の理解度を高めるということが挙げられます。スピーチを聞いていても理解がしにくいことばかりが続いてしまうと聞く人というのはどうしても興味を失ってしまうものです。

だからこそ、スピーチの各ステップにおいて確実に聞く人に理解しながら進行することというのは非常に重要です。そういった意味で、物語や引用を用いるということは、聞く人にとって、具体的なイメージとしてとらえやすく、良いということができるでしょう。

ホールパート法

上手なスピーチの構成の仕方として、ホールパート方が挙げられます。ホールパート法とは相手に伝えたい結論(Whole)を話の最初に提示し、それについての詳細(Part)を説明、最後にもう一度最終結論(Whole)に戻って話を締めくくるという技術です。

話す側としては、話が脱線しそうになった際、結論の方向へと軌道修正がしやすく、聞き手にとっても最初に結論が分かっているため、全体の理解がしやすくなるメリットがあります。ほ―ルパート法を用いることはお互いにとってメリットがあります。

上手なスピーチのための例文

さて、ここまで上手なスピーチの構成の仕方やスピーチでのコツについて見てきました。これらを踏まえて、上手なスピーチというのはどのようなものであるかというのが少しでもイメージできたのではないでしょうか。きっと参考になる点があったことでしょう。

次は、具体的なスピ―チの例文をご紹介します。これらの例文を参考にすることによって、上手なスピ―チについての理解が深まるはずです。あくまで例文ですが、例文から学ぶことというのはたくさんあるはずです。例文をいくつか頭に入れてみましょう。

偉人の言葉を借りた例文

米国の作家であるデール・カーネギ氏の 「ビジネスで成功する一番の方法は、人からいくら取れるかをいつも考えるのではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである』 という格言を知り、最近の自分の行いについて考えさせられました。 

私は営業マンとして働いていますが、今までは自分がどれだけ売り上げを伸ばしたいかのみを考えていたと反省し、考え方を変える努力をしてみたところ、取引先との付き合い方を考える良い機会になり、営業成績のアップに繋がりました。

時事問題を主とした例文

最近話題の爆買いなど、海外からの観光客が増えていますが、それに合わせてあるものを変えようという動きがあります。 それは日本の地図記号です。言われてみると特殊な表記が多く、我々日本人からしても学校で習わないと意味が分からないものが多くあります。

地図記号に限らず、本当に人に伝える方法って何なんだろう?と考えたとき、シンプルさが一番なのではないかと思いました。外国がより身近な存在になってきている現代ではあらゆる面でアップデートが必要であるということを実感しました。

雑学紹介の例文

我々が普段よく目にしているテレビや新聞のニュースがありますが、もともとは海外より入ってきた言葉です。今回はそのニュースの言葉の由来についてお話ししてみましょう。みなさんは「ニュース」の語源は一体何だと思われますか?

多くの方は原文の「NEWS」という読み方から「新しい」を意味する「NEW」が語源かと思うかもしれません。実は違います。 東西南北(North,East,West,South)の頭文字をとって作られた言葉なのです。よく考えられた言葉なのです。

健康に関する例文

忘年会や新年会など何かと食べる行事の多い冬場ですが、気を抜くとおなかが膨らんできてしまいます。 ダイエットを開始すべきなのですが、食べ物のおいしい冬場にはつらいです。しかし、実はダイエットは夏にするより冬にした方が効果的ってご存じですか?
冬場は体温を保つために体が勝手にカロリーを消費してくれるため、ダイエットを始めるにはもってこいの季節なのです。かと食べたり飲んだりする機会の多い冬の誘惑をがんばって乗り切れれば、健康的に痩せられるので、おいしいものを食べ続けられるのです。

上手なスピーチの仕方!話し方と目線のコツは?

さて、いくつかのスピーチの例文を見て、上手なスピーチの構成の仕方についてある程度わかったことでしょう。上手なスピーチの例文を見て学んだあなたはもうスピーチの構成についてはだいぶハードルが下がったのではないでしょうか。

その一方で、上手なスピーチと言えるものにするためには話し方と目線についても良く考える必要があります。話し方と目線を上手に利用することによって、聞く人の興味をつかみ、説得力を増すことができるのです。話し方と目線に注目してみましょう。

ゆっくりと聞き取りやすい声で話す

上手なスピーチのための目線と話し方のコツとして、ゆっくりと聞き取りやすい話し方で話すということが挙げられます。これは小学校の朝礼のスピーチで担任が口ずっぱく言っていた記憶がある方もいることでしょう。でも、それだけ大事なコツなのです。

ゆっくりと聞き取りやすい話し方で話すというのは利き手が確実にあなたの話を理解するための最も基本的な方法であるということができます。ゆっくりと聞き取りやすい話し方で話すということはスピーチの話し方において最も気を付けるべきポイントなのです。

緩急や声の高低を利用する

上手なスピーチのための目線と話し方のコツとして、緩急や声の高低を上手に利用するということが挙げられます。スピーチにおいて、緩急や声の高低というのはあなたの話し方にメリハリをつけます。あなたの話し方にドラマ性が加わるのです。

緩急や声の高低を上手に利用することができれば、あなたは今話していることに対してどのような思いを抱いているのか、そして、あなたはどのくらいの真剣度をもってその部分を話しているのかということが聞き手にとって鮮明になります。

ワンセンテンス・ワンパーソン&ジグザグ法

上手なスピーチのための目線と話し方のコツとして、ワンセンテンス・ワンパーソン&ジグザグ法というのが挙げられます。ワンセンテンス・ワンパーソン法というのはその名の通り、一文ごとに目線を合わせる人を変えていく方法のことを指します。

一方、ジグザグ法というのは目線をジグザグと移動させていくことを指します。これらの目線に関する方法を上手に用いることで真剣な思いが伝わることでしょう。目線はとても大事です。目線と目線を合わせるのが怖い人もいるかもしれませんが、頑張りましょう。

表情も上手に使う

上手なスピーチのための目線と話し方のコツとして、表情も上手に使うということが挙げられます。表情を形作るのは主に目線とほほの動きであるということができるでしょう。目線やほほの動きによって、話し手の感情や真剣さというのが伝わるのです。

目線を上手に使って表情を表すということは難しいことですが、目線がひとの心に訴えかける力というのは非常に大きなものがあります。したがって、目線もじょうずに表情に取り込むことができればよいでしょう。目線を制するものはスピーチを制します。

スピーチはシチュエーションに合った内容選びが重要

基本的な事柄にはなりますが、スピーチというのはシチュエーションに合った内容選びというのが非常に重要になってきます。例えば、朝礼のスピーチの内容が義務教育に反対するものであったら、朝礼どころではなくなってしまうことでしょう。

朝礼のスピーチであれば、朝礼のスピーチらしく昨日あったことなどを語るのが適切であるように、スピーチというのはシチュエーションを踏まえた内容をチョイスする必要があります。内容を考えるときはこの点から始めてみましょう。

スピーチで緊張しないためにイメトレも大事

先ほど見たスピーチの例文のように、内容が優れたものであったとしても、緊張はするものです。緊張してしまっては本来の能力が発揮できません。したがって、スピーチで緊張しないためにもイメージトレーニングというのは大維持なのです。

スピーチで緊張するという人は、目の前に急に現れた状況に対応する方法を持っていないからこそ緊張してしまうのです。したがって、状況に対応する方法を知っていれば緊張はある程度防ぐことができます。緊張も怖くなくなることでしょう。

朝礼スピーチよりも長いスピーチでも基本は同じです

さて、今回はなぜ朝礼にスピーチがあるのかということから始まり、スピーチのコツと具体的な方法、そしてその例文などについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。スピーチというのは漠然と苦手意識を抱いているという人も少なくありません。

しかし、朝礼などでスピーチをするのは何もあなたを苦しめるためにやっているわけではないのです。あなたがひとの前できちんと発信することを学ぶための貴重な機会であるのだということを理解しましょう。朝礼などのスピーチにも目的があるのです。

今回は朝礼などのちょっとしたスピーチに主眼を置いてスピーチの方法についてご紹介してきましたが、これから朝礼などのスピーチよりも長いスピーチをすることになったとしても、基本的な部分というのはかわりません。

スピーチに関する記事はこちら

Thumb朝礼ネタやスピーチ・一言ネタの例文一覧!すぐに使える!
朝礼ネタやスピーチネタ・一言ネタに困ったという経験はないでしょうか。朝礼ネタやスピーチネタ・...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ