会社の飲み方が苦手な人!飲み会が嫌いになる原因と対処法

会社に勤めていると、気が向かない飲み会に出席しなければならない時もありますね。では、お酒が苦手だからということ以外に飲み会が嫌いになってしまう理由は何が考えられるのでしょうか?飲み会が苦手になる原因や、嫌いにならないための対処法などをまとめてみたいと思います。

会社の飲み方が苦手な人!飲み会が嫌いになる原因と対処法のイメージ

目次

  1. 1お酒の席が楽しめない!飲み会が苦手な人は多い
  2. 2会社の飲み会が苦手な原因
  3. 3会社の飲み会が苦手・嫌いな人の心理
  4. 4会社の飲み会は参加しなきゃダメ?参加するメリット
  5. 5飲み会が苦手・嫌いな人の対処法
  6. 6飲み会が苦手な人の上手な断り方
  7. 7会社の飲み会は強制ではないことがほとんど

お酒の席が楽しめない!飲み会が苦手な人は多い

「お酒は大好きで毎日のように晩酌するけど、会社などの酒の席はどうも苦手」という人は意外と多いと思います。では、なぜお酒が好きなのに酒の席が楽しめないのでしょうか?

ここからは、お酒は好きだけど酒の席は苦痛と感じたり、疲れるという人の心理について詳しく探っていきたいと思います。「自分と同じ考えの人は意外と多いんだ」と感じるかもしれませんよ。

会社の飲み会が苦手な原因

飲み会の中でも特に会社の酒の席が苦痛という人が多いのではないでしょうか?これは、友達同士の気を使わない酒の席は大好きだけど、何かと気を使う会社の飲み会は嫌いという心理かもしれませんね。

会社の酒の席がどうしても苦痛に感じ楽しめないという人は、他にどんな理由が考えられるのでしょうか?詳しく探ってみましょう。

それほどお酒が飲めないのに飲まされてしんどいから

会社での飲み会が嫌いな人は、上司からお酒をすすめられると部下は断りにくくつい飲み過ぎてしまいがちです。お酒が好きで強い人ならいいのですが、お酒が苦手で飲んでも楽しめない人にとってこれはかなり苦痛のはずです。

だからといって上司からすすめられたお酒を断ることもなかなかできないため、会社の酒の席がしんどくなって苦痛になってしまう大きな原因になるでしょう。

嫌いな同僚と飲んでも楽しくないから

会社には苦手な人も多くいるものです。しかし、会社の飲み会となると嫌でも嫌いな人と酒の席を共にしなければならないため心理的にかなり疲れるでしょう。

苦痛だからといって断ってばかりいたのでは会社内で評判が悪くなってしまう可能性もあるため、嫌いな人とも一緒にお酒を飲むしかないのが会社の飲み会を嫌いになる原因ではないでしょうか。

酒の席でお酒がすすむと、仲良くしたくないと思っている相手が気を良くして近寄ってくる場合がありますよね?それほどお酒が飲めなくて酔えない人にとって、これはかなり迷惑な話でしょう。

カラオケが辛い

会社の飲み会は、上司から「○○を歌え」などと言われることもよくあります。歌が得意で自信があり、人前で歌うことが苦痛ではない人ならここぞとばかりに歌唱力アピールしますが、歌うことが苦手な人にとっては最悪でしょう。

会社の飲み会でいつも上司から歌えと言われるとなると、何を歌えばいいのかなどを考えて心理的に疲れてしまい、飲み会が嫌いになる大きな原因になるはずです。

酔っ払うと人格が変わってしまうから

お酒を飲むと人格が変わってしまう人は結構いると思います。例えば、いつもにこやかで優しい上司が急に黙り込んでしまったり。または、急に泣き出したり笑いだすような人もいますね。

会社での飲み会でもこれは同じで、いつも真面目で仕事熱心のようなイメージの人は酒の席で人格が変わってしまうことを知られたくないと思うはずです。

いい方に変わるならいいのですが、悪い方に激変してしまう人は翌日の会社での周囲の視線がとても気になってしまうのではないでしょうか?

これは職場でマイナスなイメージをもたれたくないという心理からであると考えられ、飲み会が苦痛になってしまう原因になるでしょう。

Thumbお酒に強くなる方法!鍛えてアルコールが飲めるようになりたい
お酒に弱い人は社会人の付き合いに苦労することもあるでしょう。お酒に強くなることができれば、飲...

お酒が強く酔えないからしんどい

これは会社の飲み会に限ったことではないと思いますが、とにかく酒豪で飲んでも酔えない人は酒の席があまり楽しめないのではないでしょうか?

確かにお酒を飲んでも全く気分が変わらないのでは、自分だけがしらふの状態でしらけた感じになってしまいますよね。

嫌いな人が酔っ払って近寄ってきても、自分はほとんどしらふなので一緒に調子よく騒ぐことができないのはかなり疲れるはずです。

お酒が飲めなくて飲まされるのも苦痛ですが、逆に強すぎて酔えないのも会社の飲み会が苦手になる原因になるのではないでしょうか。

会社の飲み会が苦手・嫌いな人の心理

会社の飲み会がある時は、飲み会が嫌いな人の心理とはどんなものなのでしょうか?会社の飲み会が何より楽しみと思っている人にとって、嫌いな人の心理は未知ですね。

ここでは、会社の飲み会が苦手で毎回苦痛に感じてしまう人の心理を追求してみたいと思います。

何と言って断ろうかあれこれ考える

会社の飲み会が苦痛の人は、おそらく飲み会の前日から「何と言って断ろうか」と悩んでいるはずです。断ってばかりではいけないのは分かっているのですが、どうしても気がのらないため「今回は欠席してしまおうか」などと悩むのです。

飲み会の断り方も毎回同じことを口実にするわけにはいかないため、毎回前日になると胃が痛くなるくらい悩んでしまうのではないでしょうか?

会社の同僚や上司に嫌われないように断る必要があるため、かなり頭を使って考えるはずです。

苦痛なので早く抜け出そうとたくらんでいる

会社の飲み会が嫌いな人は、参加したとしてもどの程度で抜け出そうかなどと心の中ではずっと考えているのではないでしょうか?

飲み会が苦痛なのに参加しているというのはとても疲れることなので、ずっとこのようなことを考えてしまう気持ちは分かります。

ただ、抜け出すタイミングを狙っていることを周囲の同僚には知られたくないため、顔では楽しんでいる素振りを演じたりするでしょう。

お酒が好きな人の横には座りたくないと思っている

飲み会が嫌いな人は、お酒が苦手な人が多いのではないでしょうか。会社の飲み会でも、お酒が好きでいくらでもすすめてくるような人の横に座ったら飲めない人にとってはかなり苦痛だと思います。

ですから、飲み会の席を決める時はお酒が好きな人の横は避け、適当な言い訳をするでしょう。この時の心理は、「あの人の隣に座ればまた前回みたいな事態になる」ではないでしょうか?

飲み会は、席によって楽しめるか楽しめないかが決まると言っても過言ではないのですからね。

楽しんでいるふりをするのは疲れる

会社の飲み会は上司も一緒の場合が多いですから、いくら苦痛に感じていてもそれを態度で現すことができず精神的にかなり疲れてしまうはずです。

上司だけに限らず、周囲の同僚が楽しんでいるのに自分だけがしらけた顔をしていたのでは、同僚からも敬遠されてしまうかもしれないですからね。

会社の飲み会が嫌いな人にとっては、飲み会はひたすら我慢を強いられる場ともいえるのではないでしょうか。

会社の飲み会は参加しなきゃダメ?参加するメリット

会社の飲み会は仕事のうちだと言う人もいます。このような言い方をされてしまうと、飲み会には何が何でも参加しなければならない気持ちになりませんか?

会社の飲み会はどうしても参加しなければならないものなのでしょうか?また、苦痛でありながらも参加した場合はどんなメリットが考えられるのを探ってみたいと思います。

会社の人間関係が円滑になる

楽しめいないのは分かっていながら飲み会に参加するのは、心理的にはかなり辛いはずですが会社の人間関係を円滑にするためには非常に効果的です。

会社にいる時はみんな仕事に夢中ですし無駄話をすることもできないのですが、一歩会社から出てしまえば普段話せないようなことが話せますよね?ですから、職場の人と良い関係を保つためには飲み会は絶好のチャンスなのです。

お酒が強くなれる

「楽しめないし精神的に疲れるから飲み会は良いことがない」と、飲み会が嫌いな人は思うでしょう。しかし、楽しめないながらも参加していけば、いつの間にかお酒が強くなっているケースはよくあります。

これはお酒は強くなくてもいいと思う人にとってはどうでもいいことかもしれませんが、お酒をもっと飲めるようになりたいと思っていた人には大きなメリットでしょう。特に男性はこのように思う人が多いはずです。

これがメリットといえるのかは分かりませんが、お酒が苦手だった人が楽しめるようになれば、自分にとってはプラスだと思うのです。

会社の人の意外な一面を知れる

会社の飲み会は、会社の同僚や上司のいつもとは全く違う一面を見ることができる場ともいえるでしょう。お酒を飲むと、人格がまるで変わってしまうような人がいますよね?

それを見て楽しむのはよくないかもしれませんが、「え?あの上司がこんな明るくなっちゃうの?」と新鮮な気持ちになれるでしょう。

これを楽しみと考えれば、心理的に会社の飲み会が苦痛じゃなくなるかもしれませんね。ただ、これは周囲の人から見て自分も同じだと覚えておきましょう。

飲み会が苦手・嫌いな人の対処法

飲み会が苦手・嫌いな人は、苦痛になってきた時の対処法を知っておけば飲み会で悩まされずに済むかもしれません。対処法とは、どのようにその場をしのぐかなどです。

今後飲み会で少しでも苦痛を減らすために、良い対処法を今のうちからしっかり考えておきましょう。考えられる対処法をいくつか紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

はっきり飲み会は苦手だと話す

少し勇気がいるかもしれませんが、飲み会に誘われたら「あんまり好きじゃないんだけど」といってしまうのも対処法の一つです。

できるだけ早いうちに飲み会は好きじゃないということを伝えておけば、誘う側もそれなりに気を使ってくれるはずです。ただ、飲み会が好きじゃないとか楽しめない原因をはっきりと伝えることを忘れないでください。

それなりの原因が分かれば誘う側も納得してくれますし、断りやすいのではないでしょうか。

お酒が好きになる

飲み会が嫌いな人は、お酒が飲めないから楽しめないという理由がとても多いですよね?この場合は、単純にお酒が好きになれば楽しめるはずです。

お酒が飲めないのに誘われても、自分だけがしらけた感じで楽しめず精神的にも疲れるのはよく分かりますので、徐々にお酒が飲めるようになってみてはいかがでしょうか?

ただ、お酒が体に合わない人にとっては良い対処法とはいえないため、くれぐれも無理がない程度にしておいてくださいね。

家庭を作る

飲み会にいつも参加している人は、時間に制限がない独身の人が多かったりします。例えば女性で小さな子供がいたり、既婚者の男性でかかあ天下のような家庭は、好き放題に飲みには行けないのが当たり前ということもよくあります。

なかなか難しい話ですが、飲み会が嫌いな人は早々と家庭を作ってしまうのも良い対処法です。家庭ができれば、飲み会に参加できない原因を「家族がうるさいから」と言えるからです。

しかし、いくら飲み会が嫌いな人でも、無理矢理好きでもない人と家庭を作るのは絶対にやめてくださいね。
 

上手に嘘をつく

嘘はいけないことですが、時には必要な時もあります。飲み会が嫌いな人にとって嘘は必要不可欠。毎回嘘をついて断るのは良くありませんが、時には相手が気を悪くしないような嘘を使いましょう。

例えば、「家族を迎えに行かなければならない」とか「ちょっと体の調子が悪いので」などです。このようなことが飲み会を断る原因だと、相手も無理は言えないはずですよ。

ただ、嘘は癖になるのでこの対処法はあまり頻繁にはおすすめできません。しかも嘘はいずれバレることが多いので、くれぐれも嘘のつきすぎには注意してください。

Thumbお酒の賞味期限は?日本酒やアルコールは腐る?賞味期限は切れる?
お酒の賞味期限や保存方法を知っていますか?アルコールには日本酒、リキュール、ウイスキーなどい...

飲み会が苦手な人の上手な断り方

続いて、飲み会が苦手な人はどのように断ればいいのかを解説していきたいと思います。わざわざ断り方を考えるのは疲れる気持ちは分かりますが、人間関係を円滑に保つには重要なことです。

上手な断り方を身につけて、今後飲み会に誘われても断る口実を考えるのに疲れるというよな事態にならないようにしましょう。

丁寧に断る

いくら仕事の時間外の飲み会でも、せっかく誘ってくれた相手には丁寧に断る事が大事です。丁寧な言葉使いで本当に申し訳ないという感じを表現すれば、相手も悪い気はしないはず。

逆に「また誘ってきて鬱陶しい」というような、本音丸出しの断り方をするとその後の人間関係に響いてしまう場合があります。できれば、「次回は必ず」と付け足すとその日は断りやすいのではないでしょうか。

体調を口実にする

お酒は飲み過ぎると体に負担をかけるので、体調が優れない人を無理矢理誘うわけにはいきません。ですから飲み会に誘われたら「今日は体調が優れないので」と言えば、相手はすんなり受け入れてくれるでしょう。

あれこれ断る口実を考えるのは疲れるという人は、体調を口実にするのが一番手っ取り早いと思いますよ。

お酒が体に合わないと言う

一度は飲み会を断れても、何度も同じ口実で断るわけにはいきません。飲み会が苦手で楽しめない人にとっては、「また次回も誘われるのか」と思うと疲れるはずです。

こんな時はお酒が体に合わないと言ってしまいましょう。「お酒が体に合わないから飲み会は行っても意味がないですよ」と言えば、誘う側は何もいえなくなるでしょう。

ちょっと大げさなくらいに体に合わないことをアピールするのがポイントです。「ちょっと飲むだけで記憶がなくなる」というくらいがいいのではないでしょうか。
 

会社の飲み会は強制ではないことがほとんど

会社の飲み会のことを考えるだけで疲れるというくらい飲み会が嫌いな人は、それなりの対処法を考えておけば断ってしまっていいと思います。楽しめないのに参加しても辛いだけですからね。

そもそも会社の飲み会は強制ではない場合がほとんどですから、断ることを深刻に悩むことはないでしょう。

どうしても断り難い場合は、多くは飲めないということや苦手なことなどをしっかり伝えてから参加すれば、苦痛が軽減できるのではないでしょうか。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ