顔が広いの意味とは?顔が広い人ってどんな人?

顔が広いという言葉を聞いたことはありますか?なんとなく、友達が多いイメージや交友関係が広いイメージがありますが、実際にはどんな意味なのでしょうか?今回は「顔が広い」とはどんな意味なのか、どう使うと良いのか、調べてみました。

顔が広いの意味とは?顔が広い人ってどんな人?のイメージ

目次

  1. 1「顔が広い」の使い方を知ろう!
  2. 2「顔が広い」の意味とは?
  3. 3「顔が広い」の使い方
  4. 4顔が広い人の特徴
  5. 5顔が広い人になるためにすべき事
  6. 6できた人脈を維持するには
  7. 7「顔が広い」の敬語表現は?
  8. 8「顔が広い」の英語表現
  9. 9顔が広い人は人間性が優れている

「顔が広い」の使い方を知ろう!

「顔が広い」という言葉を聞いたり、使ったりしたことはあるでしょうか?友人が多いような、良いイメージの言葉ですが、実際には「顔が広い」とはどんな意味の言葉なのでしょうか?

「顔が広い」という言葉の意味や、使い方、例文や類義語をご紹介します。また、「顔が広い」人の特徴や、顔が広い人になるにはどうすればいいのかまで、調べてみました。

交友関係を広げたい、友人が沢山ほしいと思っている人は、是非参考にしてみて下さい。

「顔が広い」の意味とは?

「顔が広い」とは、どんな意味の言葉なのでしょうか?辞書には、「つきあいの範囲が広い。知り合いが多い。」や「交際範囲が広くて多方面に知人が多いこと。」や「世間に知り合いが多い。」などの意味が掲載されています。

つまり、「顔が広い」とは、「知り合いが多く交友関係が広い」という意味です。友人ではなく、知人が多いというニュアンスなので、たとえ浅くても交友関係が広いということでしょう。

「顔が広い」の別の言い方

では、「顔が広い」という言葉は、別の言い方で表すとどんな表現になるのでしょうか?「顔が広い」の別の言い方を調べてみました。

例えば、「顔が広い」の言い換えとして、「社交的」「付き合いが広い」「人脈が厚い」「人脈のある」「顔がきく」「社交性のある」「知り合いが多い」「人脈の広い」など、様々な言い換えができます。

やはり「顔」という言葉や、「広い」という言葉が多く使われています。また、「人脈」という言葉で「沢山の人との交友関係があること」が伝わってくるでしょう。

Thumb体が資本の意味とは?身体が資本という言葉の使い方を例文で紹介
「体が資本」という言葉を使ったことありますか?相手の体を気遣ったり、心配する時に、「体が資本...

「顔が広い」の使い方

では、「顔が広い」とは、どのように使うのが正解なのでしょうか?「顔が広い」の使い方を見てみましょう。

「顔が広い」とは、交友関係が広いことを褒めるときに使う言葉です。「あの人は顔が広い」「彼は顔が広い人だ」というように、特定の人に対して「交友関係が広くてすごい」という気持ちを表現するときに使います。

「顔が広い」を使った例文

では、「顔が広い」という言葉は、実際にはどう使えばいいのでしょうか。「顔が広い」を使った例文を見て、実際の使い方を見ていきましょう。3つ例文を挙げてみました。

例文①社長はこの業界では顔が広い

「顔が広い」は「知り合いが多い」「人脈がある」という意味です。「社長はこの業界では顔が広い」という例文は、社長の業界での人脈がしっかりあり、頼れる存在であることが伝わってくるでしょう。

また、「顔がきく」という意味で、沢山の人に好かれている様子も含まれているのではないでしょうか?このように、「知り合いが多い」「人脈がある」ことを、尊敬しているときに「顔が広い」という言葉を使うといいでしょう。

例文②顔を広くするために名刺を配る

「顔が広い」という言葉を自分に対して使う場合の例文です。「顔が広い」とは「交友関係が広い」「人脈がある」という意味なので、基本的には相手や誰かを褒めるときに使いますが、交友関係を広めるために奔走しているときには、自分に対しても使える言葉です。

名刺を配る行為は、相手に自分を知ってもらうため、覚えてもらうための行為なので、「顔を広くするために名刺を配る」という行為も納得でき、実際に使ってもいいでしょう。

また、「顔を広くするため」ということで、現状は「顔が広い」わけではないということなので、自分の存在をまだまだ未熟ですと言っていることにもなり、実際に使っても周りの印象は良いのではないでしょうか。

例文③母は顔が広いので近所で知らない人はいない

「顔が広い」とは「知り合いが多い」という意味です。なにも、ビジネスシーンだけで使われる言葉ではありません。

「母は顔が広いので、近所に知らない人はいない」という例文では、「交友関係が広い」ことを具体的に「近所に知らない人は一人もいない」という表現で、分かりやすく表しています。

Thumb人付き合いが苦手で嫌いな人の特徴!人付き合いが下手でできない
人付き合いが苦手で嫌いな人とはどのような人なのか?人付き合いが苦手・嫌い・下手で上手くできな...

顔が広い人の特徴

では、人脈に厚く交友関係が広い、「顔が広い」人とは、一体どんな人なのでしょうか?顔が広い人の特徴を、5つ挙げてみました。この特徴によく当てはまる人は、顔が広い人である可能性が高いでしょう。

また、今はまだ交友関係を広く持っていなくても、社交性が充分にある人なので、これからどんどん人脈が増えていく人であるかもしれません。

コミュニケーション能力が高い

顔が広い人は、コミュニケーション能力が高い人が多いです。会話が上手で、相手の話をうまく引き出せる人でしょう。また、自分からコミュニケーションを取るのが好きなので、人と会ったり人と会話するのが好きな人でしょう。

好きだからこそ、沢山の人と交友関係を持っても、疲れたりせず、より交友関係を広げられるのです。会話が上手な人は、相手が人見知りだったりしても、上手く会話を盛り上げてくれます。それゆえ、どんな人とも仲良くなれるのです。

誘いを断らない

顔が広い人は、相手からの誘いを断りません。決して断れないわけではなく、自らの意思で参加します。人と接することが好きなので、例えそこまで深い仲でない人から、飲み会や遊びに誘われても臆することなく参加します。

フットワークが軽く、色んな集まりに顔を出すことで、交友関係を広げていっているのです。また、コミュニケーション能力が高いので、あまり知らない人ばかりの集団に入っても、その場で仲良くなることができます。

誘いを断らず、どんな集まりにでも参加することで、自分からだけでは知り合えない人とも、交流を広げ、人脈を広げていくのです。

表情が明るい

表情が明るく、いつもにこにこしている人の周りには、自然と人が集まってきます。普段からイライラしている人にはあまり近づきたくないと考えるのが一般的でしょう。逆に、いつも穏やかで明るい雰囲気の人には、話しかけやすく、近づきやすいでしょう。

常にポジティブなオーラが出ているので、周りの人とも仲良くなりやすいです。特定ではない「誰か」に声をかけなければいけないとしたら、やはりにこやかな雰囲気の人に、声をかけるのではないでしょうか。

そうしてできたきっかけを、顔が広い人はきちんと次につなげるのです。そうして、人脈を広げていっています。

物怖じしない

顔が広い人は、物怖じしない人が多いです。たとえ、今の自分にはまだ無理かも、と思うようなレベルのことでも果敢に挑戦したり、プレッシャーを感じるような場面でも、逃げ出すことがありません。

また、上司との付き合いが上手く、自分より立場の上の人とも、仲良くなれます。物怖じしない性格のせいで、立場の上の人と話すときも、堂々としていて、しっかりと相手に良い印象を与えられます。その結果、また人脈が広がっていくのでしょう。

人が好き

顔が広い人の特徴として、一番のポイントは、「人が好き」ということです。人付き合いが好きで、人の意見や考え方を聞いたり、人に接するのがとにかく好き、という人は、顔が広い人であることが多いです。

人と関わるのが好きなので、相手の話もよく聞き、それをうまく自分の人生に活かせる人です。また、そういう人は、自然と優秀な人と仲良くなり、その人の紹介でまた優秀な人たちと出会い、自分を高めていける人です。

類は友を呼ぶというように、人間性の優れた人が自然と集まってくることが多いでしょう。また、「人が好き」という大前提で動いているので、相手に対して失礼なことを言ったりすることもなく、敵を作らない性格でしょう。

顔が広い人になるためにすべき事

ビジネスシーンでもプライベートでも、顔が広いと信頼できる仲間も多くできて、良い事が沢山ありそうです。では、そんな顔が広い人になるためには、どんなことをすればいいのでしょうか?

顔が広い人になるためにすべきことを、3つ挙げてみました。顔が広い人になりたい、人脈を広げたい、消極的な性格を直して交友関係を広げたい、という人は、是非実践してみましょう。

積極的に人の集まりに参加する

顔が広い人になるためには、まず交流会などの人が集まるところに、積極的に参加することです。人見知りだという人も、まずは参加することが大事です。自分から話しかけるのが苦手でも、交流会などには人と話すのが好きな人が必ず来ています。

自分から人に話しかけられない人は、まずは参加して誰かが自分のところに来るのを待ってみるのも、アリです。

人好きな人は、人と人をつなぐことも好きな事が多いので、「人見知りだが、そんな自分を変えたくて、交友関係を広げたい」と素直に言えば、協力してくれることもあるでしょう。まずはとにかく、参加する勇気を持ちましょう。

顔の広い人と仲良くなる

顔が広い人になるために、てっとり早い方法として、顔が広い人と仲良くなる方法があります。顔が広い人は、グループの違う友人同士でも、集まりを開いてくれたりします。

0から人脈を作るのは難しいですが、顔が広い人に人を紹介してもらう形でも、人脈を作ることはできます。ただ、人の紹介であることを忘れず、相手や紹介してくれた人に失礼がないようにすることや、態度などには気を付けましょう。

信頼できる上司と仲良くなる

信頼できる上司と仲良くなることも、顔が広い人になる方法の一つです。いい人のもとには、いい人が集まるので、自分もその中に加わることで、良い人間関係を広げていくことができるでしょう。

できた人脈を維持するには

顔が広い人になるためには、積極的に人と交流したり、顔が広い人と仲良くなることで、人脈を広げることはできると分かりました。では、できた人脈を維持するにはどうしたらいいのでしょうか?

広げた交友関係も、続かなければ意味がありませんし、それでは「顔の広い」とも言えないでしょう。広げた交友関係を維持するために必要なポイントをご紹介します。

こまめに連絡を取る

できた交友関係を維持するには、こまめに連絡を取ることが大事です。色んな人をまんべんなく遊びや食事に誘ったり、誕生日には必ずおめでとうの連絡を入れるなど、まめに連絡を取りましょう。

一度仲良くなったのに、全然連絡を取らないままでは、いざ何かのタイミングで頼ろうと思っても「こんな時だけ調子が良いなと思われるんじゃないか」と心配になったり「今さら」と思われるんじゃないかと、気が引けたりしてしまいます。

そうならないためにも、普段からまめに連絡を取って、近況を知っておくといいでしょう。

自分から積極的に誘う

広げた交友関係を維持するには、やはり自分から積極的に遊びや食事に誘う必要があるでしょう。ヒトカラの紹介で知り合っても、紹介者の誘いで集まるだけでは、新しく知り合った人と仲良くなれたとは実感できないでしょう。

知り合った人に、積極的に自分から声をかけて会うことで、人脈が自分の物になっていくのです。人を介して人脈を広げるのは悪い事ではありませんが、いつまでもその人に頼らず、自分も積極的に動いて見ることが重要です。

「顔が広い」の敬語表現は?

「顔が広い」という言葉には、敬語表現はあるのでしょうか?普通、慣用句には敬語表現はありません。「顔が広い」も慣用句ではあるのですが、敬語表現が可能な慣用句なので、「顔が広い」の敬語表現をご紹介します。

まず、相手に使う丁寧語では、「お顔が広い」と使うことも出来ます。「○○さんはお顔が広いですね」などと言うことができます。また、相手に対して使う尊敬語表現では、「顔が広くていらっしゃる」と言うこともできます。

ただ、あまり聞きなれない表現ですし、実際に使われることは少ないでしょう。「○○さんは顔の広い方でいらっしゃいますね」という使い方の方が、分かりやすいかもしれません。

「顔が広い」の英語表現

では、「顔が広い」は英語だとどう表現したらいいのでしょうか?例えば「He knows a lot of business people.」と言えば、彼は沢山の業界の人に知られているという意味で、人脈があると言いたいときに使えるでしょう。

また「He is well-connected.」では、たくさんの人とつながりがあるという意味になり、「顔が広い」という意味になるでしょう。「He is widely known.」だと、広く知られているという意味で「顔が広い」の英語表現として使えます。

顔が広い人は人間性が優れている

「顔が広い」という言葉に関しての記事はいかがでしたでしょうか?「顔が広い」は「人脈がある」「交友関係が広い」などの意味でしたが、顔が広い人は「人が好き」な人で、コミュニケーション能力が高く、積極性のある人のようです。

また、顔が広い人はいい人間関係を築けていることが多く、まわりに良い人たちが集まっているイメージもあるでしょう。そういう理由もあり、「顔が広い」は誉め言葉として使われているのではないでしょうか。

しかし決して、交友関係が狭いことが悪いわけではありません。人数に関係なく、いい交友関係を築くには、自分の人間性を上げていくことが重要でしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ