彼氏とのLINE(ライン)の理想的な連絡頻度とは?【必見】

今やLINEは恋人同士の連絡手段として欠かせないツールですが、彼氏からのLINE(ライン)の返信が遅かったり、そっけなかったりすると不安になってしまいます。ここでは彼氏とのLINE(ライン)で悩むことの多いポイントや対処法をご紹介していきます。

彼氏とのLINE(ライン)の理想的な連絡頻度とは?【必見】のイメージ

目次

  1. 1彼氏とのLINEで不安になることはありますか?
  2. 2彼氏とのLINEの理想的な連絡頻度は?
  3. 3遠距離恋愛のカップル
  4. 4彼氏とのLINE!男女で理想の頻度が違う?
  5. 5彼氏とのLINE!どんな話題や内容?
  6. 6彼氏とのLINEで既読無視された時の対処法
  7. 7彼氏とのLINEで連絡が遅い・冷たい時の対処法
  8. 8彼氏とのLINEで連絡が来ないのは男女の考え方の違い?
  9. 9彼氏とのLINEで長続きするカップルかがわかる?
  10. 10彼氏とのLINEでのNG行動
  11. 11短命カップルのLINEの特徴
  12. 12彼氏の喜ぶLINEを送ろう!
  13. 13LINEは使い方次第!

彼氏とのLINEで不安になることはありますか?

スマートフォンを操作する女性

LINEは会話をしている感覚で連絡できるので、彼氏と連絡をとるのはいつもライン、という人も多いのではないでしょうか?とても便利なアプリですが、既読無視されたり、返信が遅かったり、メッセージの内容が冷たかったりすると不安になってしまいますね。

彼氏とのLINEの悩みや、彼氏がどう思っているかどうかなど、詳しくご紹介していきます。

Thumb好きな人とのLINEで長続きする話題11選!盛り上がるためには?
「好きな人とLINEができるようになったのはいいけど、話題がない!」と悩んでいる人も多いと思...

彼氏とのLINEの理想的な連絡頻度は?

ハートを渡し合う男女

大好きな彼氏とはいつも繋がっていたいですよね。離れている時間も彼の存在を感じていたくて、頻繁にLINEでメッセージを送る女性も多いのではないでしょうか?

実は、LINEの理想の頻度は男女で違うと言われています。ここでは男女別の理想のLINEの頻度についてご紹介していきます。

Thumb彼女とのLINEの頻度の理想は?長続きするカップルになる方法
彼女とLINEをしていると理想の頻度が気になりませんか?彼女とLINEをしても話題がないとか...

付き合い始めたばかりのカップル

手をつないであるく男女

付き合いはじめなどの初々しいカップルは、自然とLINEのメッセージの頻度も多くなります。楽しくて幸せいっぱいで、突っ走り気味の時期です。幸せな時期は思いっきり楽しんで、でもこの盛り上がりがやがて落ち着いてくるということを頭の片隅に入れておきましょう。
 

恋愛があまりに盛り上がり過ぎると、だんだん落ち着いて来た時にその温度差についていけなくなって、関係がこわれてしまう可能性があります。

そうならないポイントは、ラインの頻度を腹八分目に抑える心がけです。「もうちょっとLINEしたかった」くらいの頻度で毎日のラインを終えてみましょう。無理なく飽きずに彼とLINEを続けるコツです!

倦怠期のカップル

窓辺の少年

付き合いはじめてからある程度時間が経って、最近何か物足りない、彼氏から事務的な内容の連絡以外でLINEが来ない、LINEの頻度が減ったというカップルは、ラインを使って通話をしてみるのがおすすめです。
 

文字だけのラインは、ただでさえ事務的な連絡なのにさらに味気なくなって、なんとなく冷たい雰囲気になってしまいます。好きな人の声を聞くとやっぱり嬉しいものですし、声の調子でお互いの体調もある程度分かります。好きな人の声を聞くと安心できて、自然と他愛ないおしゃべりができるかもしれません。

LINEは無料通話機能も付いているので、特に用事がない時も思い切って電話をかけてみましょう。

遠距離恋愛のカップル

ハートの夕日

遠距離恋愛のカップルは会える時間が限られているので、ラインの頻度は基本的に毎日です。日常の何気ない出来事を報告して、離れていてもお互いの状況を把握することで心理的な繋がりを保つことができます。会いたいときに会えない分、LINEはとても重要です。


もし彼氏が明らかに冷たい態度だったり、返信が遅い、返信が来ない感じであれば女性から心が離れかけているかもしれません。そういった予兆を見逃さない意味でも、毎日のLINEは役立つと言えます。

彼氏とのLINE!男女で理想の頻度が違う?

手帳とタブレットとスマートフォン

あなたは彼氏と普段どれくらいの頻度でラインしていますか?男性と女性で理想のLINEの頻度は違うとしたら、今の自分のラインの頻度が適切かを知る参考になりますね。ここでは、男女別に理想のLINEの頻度をご紹介していきましょう。

女性にとってのLINEの理想

電話をかける女性

女性はコミュニケーションを取る時、「共感」をとても大切にします。それはLINE(ライン)でも同じです。LINEでメッセージやスタンプを送る時も「共感してほしい」が基本のモチベーションなので、自分の気持ちを伝えるために自然とLINE(ライン)の頻度は高くなります。LINE(ライン)を送る頻度は高くなりますが、頻度の多い少ないを常に気にしているかというと、意外とそうでもないのです。
 

彼氏と長続きカップルを目指す女性は、自分が彼氏に共感を求めてLINE(ライン)しているのだとちょっと意識してみてください。急ぎでない用事なのに、既読無視されて返信がない、返信が冷たい・遅いと彼氏を責めたり、落ち込んだりする必要はないかもしれません。

男性のとってのLINEの理想

タブレットを操作する男性

女性がLINEに感情や気持ちを伝えることを求めるのに対して、男性にとってのLINE(ライン)はあくまで連絡手段です。女性のように共感を求めないので、必要な連絡だけできればいい、という人が多いです。また男性は女性ほど連絡がマメではないので、LINE(ライン)の頻度は落ちます。

そう聞くと女性はなんだか寂しく感じるかも知れませんが。でも、男性は彼女が支えを必要としている大切な時期にはしっかり連絡を取るモードに入り、LINE(ライン)の頻度が増えます。彼氏と長続きしたい女性は、返事が遅い、来てもスタンプもなくて冷たいと思っても、あまり心配しなくても大丈夫です。

彼氏とのLINE!どんな話題や内容?

パソコンと男性の手

カップルのLINEは頻度が高く、日常の一部として日常的に行われているものです。そのため「毎日ラインしててると、いつか話題が無くなりそう…」と、少し不安に思っている人もいるかもしれません。
 

実際、他のカップルのLINEの内容や話題って、気になりませんか?他のカップルのLINEの内容・話題をご紹介していきましょう。

日常の出来事・簡単な挨拶

時計とマグカップ

どんなカップルにも共通するラインの内容は、日常生活に関係している事柄ということです。「おはよう」「おやすみ」などの挨拶から、「これから学校行くよー」や「これから帰るところ」といった内容が一番多いです。他にも「今日は仕事でミスしちゃった」といった日常の報告も多い内容です。
 

つまり、カップルのラインは、これからすることや、その日にあったことを、直接話している感覚で話題にして連絡しあっていると言えます。このような特徴はカップルのラインの最大の特徴でもあります

スタンプをたくさん使う

秘密の赤いスタンプ

ラインのスタンプは、言葉だけでなく、その時の気持ちやテンションも伝えることができます。スタンプの選びかたに個性も表れますし、感情を伝えるにはとても便利ですね。

カップルのラインは毎日繰り返されることが多いので、内容や話題も固定してきます。忙しい時など文章を考えて文字を打つより簡単なスタンプでコミュニケーションを維持するカップルも多いのです。たとえ話題が無くても、スタンプを上手に使うととても有効なコミュニケーション手段になるのです。

Thumbデートの誘い方LINE編!女性からOKをもらう方法とは?
「LINEでのデートの誘い方が分からない!」という人はいませんか?最近はLINEでデートに誘...

彼氏とのLINEで既読無視された時の対処法

悲しむ女性の横顔

彼氏と頻繁に連絡を取りたいタイプの女性は、LINEを既読無視されたらとても悲しいですね。なのにどうして彼氏は既読無視をするのでしょうか? また、既読無視をされてしまったらどういった対処法があるのでしょうか? そこで今回は、既読無視をする男性の心理と対処法をご紹介していきます。

彼女のLINEを既読無視する男性の心理

パソコンで仕事をする男性

彼女のLINEを既読無視する男性には、既読無視しているという感覚があまりありません。LINEを見て「ああ、そうなんだ」「そっか、わかった」と心の中で返信を済ませている感覚なのです。もちろん、それでは彼女に伝わりません。彼女からLINEがきたら必ず返事をしなきゃいけないという感覚もあまりありません。
 

女性と男性を比べると、特にプライベートな時間では男性はあまりマメではありません。たとえば、女性の場合は友人と別の話題を話しながらLINEの返信を考えることができますが、男性は同時に複数の事を進めることが苦手な人が多いです。彼女へのLINEの返信を考えているとき別の用事ができてしまうとが入ると、思考がそちらに移ってしまい、その結果が既読無視となるのです。

彼氏に既読無視された時の対処法

ピンクのカップとハートのお菓子

前述の通り、男性の既読無視はたいていの場合悪気はありません。既読無視されて返事が来ないことを責めたり、返信を急かすように立て続けにLINEを送ったりするのはNGです。彼氏にに面倒くさいと思われてしまうかもしれません。必要な連絡内容や話題を伝えたら、気長に待つことが大事です。

すぐにLINEがほしいときは、相手を思いやるメッセージをプラスするなど、つい返信をしたくなるような内容に工夫をしてみましょう。そうすれば、いつもより早く連絡があるはずです。ただ、単純に忘れている場合もあるので、あまりにもLINEの返信が遅い場合は「大丈夫?何かあった?」と呼びかけてみてもいいですね。

彼氏とのLINEで連絡が遅い・冷たい時の対処法

スマートフォンを持つ女性の手

彼氏からのLINEやの返信が遅い時や冷たい時、だんだんLINEがくる頻度が減ってくると、女性はどうしても不安になってしまいますね。付き合う前はマメにLINEしてくれたのに、男性はなぜ彼女への連絡が減ってしまうのでしょうか。返信が遅く冷たくなる彼氏の対処法についてご紹介していきます。

彼氏を気遣う一言を添える

花束を渡す女性

「忙しかったら無理してLINEしなくていいよ」「時間があるときにに連絡してくれたら嬉しいな」など、彼氏を心配する言葉があると早く返信して安心させてあげたいと彼氏は思うでしょう。いつもは冷たい返信の彼から、優しいLINEの返信が期待できます。
 

LINEの最後に相手を気遣う一言を添えると、男性は忙しい中でも早く返信したいと思ってくれます。自分の体調や予定を気遣ってくれる彼女の言葉には、つい応えたくなるものです。

ちょっぴりすねてみる

夕日の中でコーヒーを飲む女性

思わずドキッとさせるスタンプや、彼氏に甘えるスタンプやメッセージには、ついつい返信したくなってしまう男性も多いのではないでしょうか?彼氏をキュンとさせるのようなスタンプを送ってみるのも良い対処法です。

甘えたり、LINEが来ないのを理由に少しすねたようなメッセージも効果的です。確かに、「どうしてLINEしてくれないの?」と怒るよりも、「返信がないとさみしいな…」とちょっぴりすねて甘える女性のほうが、男心をくすぐり、すぐに返信してくれるかもしれません。普段はLINEの返信が遅い・冷たい彼でも、彼氏に甘えて、かわいらしさをアピールするのは効果的な対処法です。

彼氏とのLINEで連絡が来ないのは男女の考え方の違い?

暗闇の男女


付き合ってみたはいいけど、彼氏から連絡が来ない...。連絡が来ても内容が冷たいし、遅い。これってもしかして、釣れた魚に餌はやらない状態?そう心配になっているあなた、実はLINEが来ないのは愛されているからかもしれません。

嘘のような話ですが、付き合っている彼氏の心理と女性の心理はかなり違います。ちゃんと愛されているかどうかの見分け方を併せてご紹介します。

男性にとってLINEは単なる連絡手段

手紙を書く道具

女性は、付き合っているんだから毎日ラインしてねなど、独自ルールを彼氏に要求したりします。そして、ほぼ毎日彼氏が義務のよう続けているラインを見て安心してしまいます。またラインの内容やが冷たいか返信が遅いか、来るか来ないかで彼の気持ちを推し量ろうとします。ラインについて少し考えすぎなのかもしれません。
 

ラインはそもそも連絡のひとつです。女性が友達同士でするような他愛のない会話をするわけではなく、最低限連絡をとらなければいけないときにだけ使うものです。特に男性はそう考えている人が多いです。
 

性格的に女性のようにマメな男性も近頃は増えてきていますが、女性が期待するほどマメな男性は少ないです。男性が基本的にラインに対してマメでないから考え方のすれ違いが起こるのです。

LINEで彼氏の気持ちを推測しないようにする

窓辺に座る女性

恋人同士で、ラインを会話目的に使う男性はいますが、ほとんどはその女性を狙っているときです。ずっと付き合いたい、彼女のことが大好きな男性もマメになりますが、ほとんどの男性はそんなにマメにはなれません。

普段は仕事で忙しくしている男性にとって、ラインに割く時間はあまりないはずです。返信が来ないか、遅い返信、冷たい内容になってしまいがちです。女性ももちろん、仕事中はラインできないのですが、圧倒的に女性の方が普段恋愛のことを考えて過ごしています。女性は、マルチタスクが可能ですが、男性は一度にひとつのことしか集中できません。

脳内のキラキラ


脳科学的に、女性の方が器用にできていると言われています。女性は、仕事をしながらでも彼氏のことを考えたりできるのです。毎日ラインをしてくれる男性もいますが、女性がルールを作った場合か、彼氏が女性に合わせてそうしているかです。
 

最初のうちは、男性もラインを楽しんでやっていたとしても、そのうちに飽きます。ただ、惰性で返しているだけなのに、そのラインから男性の気持ちを推し量るのはやめた方がよさそうです。

彼氏とのLINEで長続きするカップルかがわかる?

海辺で話すカップル

長続きするカップルのLINEにはいくつか特徴があります。いくつかご紹介しますので、今の恋人と末長いお付き合いをするためにも、ぜひご参考になさってください。

Thumb好きな人とのLINEで長続きする話題11選!盛り上がるためには?
「好きな人とLINEができるようになったのはいいけど、話題がない!」と悩んでいる人も多いと思...

相手のペースを崩さない

公園で勉強する男女

長続きするカップルのLINEは、相手の生活のペースを乱さずに、心地よくLINEが続いていくことが大前提です。彼氏と彼女どちらか一方でも負担になってしまったら、そのLINEは義務になってしまいます。
 

長く続くカップルほど、お互いが心地よいペースで自然にLINEしているものなのです。カップルが末長く一緒にいるためには、居心地が良いことがとても大事なことです。LINEでも同じことが言えます。

基本的に連絡のみ

メモを取る手とスマートフォン

長続きするカップルの多くは基本的に連絡以外のラインをやり取りをしません。長続きカップルは、ラインを会話のためではなく、必要な連絡をするためのツールとして使っています。
 

そのためラインの内容はかなりシンプルで、毎日ラインをしないカップルもいます。「今週末会える?」「土曜日なら空いてるよ」「じゃ、いつものカフェで待ち合わせね」「OK!」こんな感じです。

一見そっけないですが、嬉しい、大好きという気持ちは、直接会って伝えるのが一番なのかもしれませんね。

2人にちょうどいい頻度

並んで座る男女

そもそも毎日ラインはしなければいけないの?という疑問をもつカップルは多いと思います。答えは一つだけではありません。カップルの数だけ、そのカップルに合った頻度があります。
 

あまり連絡を取らないカップルは、関係が冷めているのではなくお互い信頼し合っているため、ラインがなくても良い関係が保たれている場合が多いです。
 

毎日ラインするカップルは、話題がなくても挨拶は忘れないなど、やはりそのカップルに合ったペースでラインをしています。色々なやり方を試してみて、お互いのペースに合ったラインの頻度を決めていきましょう。

長文は送らない

kindleで本を読む人

恋人でも友達でも、長文のラインが送られて来たらちょっと身構えてしまいます。長文は送る側も大変ですし、受信する側にとってもストレスになります。長文を読むのは単純に大変ですし、返信をどうしたら良いのか困ってしまいます。
 

長続きするカップルはラインで長文を送ることはあまりありません。長文を送るなら、電話で話すか、会って会話をした方が早いし気持ちが伝わると考えているのです。長続きするカップルのラインは意外なほど簡潔で素っ気ないほどです。それはふたりの信頼関係の表れで、短い言葉でお互いの気持ちを察することができるということなのです。

大事な話は直接会って

肩を寄せ合う男女

文字だけでは、細かい感情や空気が伝わりづらいです。同じ言葉でも、その時の雰囲気や表情、声などで全然違う印象になります。
 

ラインではそのような微妙なニュアンスの違いを伝えることが難しいです。それが原因で、思わぬケンカに発展してしまうかもしれません。長続きするカップルは、そのことが分かっているので、大事な話はラインで済まさず直接会って話す傾向があります。

既読無視を気にしすぎない

ふたつのフレッシュジュース

長続きするカップルは、実は既読無視をあまり気にしません。「忙しいのかな」「とりあえず読んでくれたなら、まあいっか」と考えています。
 

長続きしないカップルの場合は、既読無視や、返信が来ない、返信が遅い・冷たいとネガティブに過敏になりがちです。相手のことを信頼していたら、既読無視はあまり気になりません。既読無視が気になってしまうのまだ浅い関係ということなのかもしれません。

彼氏とのLINEでのNG行動

鎖で繋がれた鍵

とても便利なLINEですが、彼氏の返信を気にしすぎて神経質になってしまうとお互いに険悪なムードになってしまいます。お互いに価値観や生活リズムがありますので片方のペースを押し付けてしまうと恋人の関係にヒビが入ってしまうかもしれません。

LINEの内容が冷たい、返信が来ない、遅いとたしかに不安になりますが、催促したり返信までの時間を決めるなど彼氏の負担が重くなってしまいます。彼氏とのLINEでのNG行動をご紹介します。

ダラダラと続けない

時計を気にする男性

LINEはチャットのようにも使えるのも魅力ですが、話題が尽きてもタイミングを逃して惰性で続けていることはありませんか?

彼氏といつまでもLINEでやり取りを続けたい気持ちはあっても、忙しい時などはいつまでもLINEを続けることで相手の負担になっているかもしれません。区切りのいいところで思い切って切り上げるのが得策です。

返信を義務化しない

気持ちよく眠る女性

お互いにいつも時間があるわけではありませんし、すぐに返信できない時もあるのが自然です。返信が遅いのが待てない、すぐに返信がほしいと思っても、彼氏の都合もありますので即返信を義務にしないようにしましょう。

一度のメッセージに詰め込みすぎない

パソコンを操作する女性の手

時々、メールのようにLINEでもかなりの長文を送ってしまう人がいます。毎回長文を送られてくると、当然読む方は負担です。どうしても長くなってしまう内容の時には、できるだけ読みやすいように工夫して、できれば電話で話すようにしましょう。

ケンカは直接会ってする

男性をパンチする女性

長続きするカップルの特徴として、ラインでケンカを終わらせないということが挙げられます。ケンカをしている相手と顔を合わせるのは気まずいですが、直接会って話し合いましょう。

ケンカはカップルにとって大切なコミュニケーションで、相手を知る貴重な機会です。ラインで終わらせずに、きちんと向かい合って意見を交換しましょう。

短命カップルのLINEの特徴

1人でベンチに座る女性

長続きするカップルのLINEに特徴があるように、短命カップルのLINEにも共通する共通点があります。このような行動は相手の心理的負担になってしまい、関係がぎこちなくなってしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

独りよがりなメッセージ

別れの指輪

短命カップルは、付き合い始めこそ頻繁にLINEを送り合うものの、その熱が冷めると話題も無くなってきて会話も減り、「おはよう」「おやすみ」などのあいさつのみになったりと、心がこもっていないLINEになってしまうのが特徴のひとつ。
 

さらに、読んだ相手の負担になる独りよがりな文章を送ってしまうのも、短命カップルにありがちなLINEです。送られた相手が「楽しい」と思わない内容や話題を送信していて、相手のことを思いやっていないのです。
 

一見頻繁に連絡を取り合っていても、内容が独りよがりで、よく見るとコミュニケーションがとれていない場合も多いのです。

返信までの時間をルール化

たくさんの時計

短命カップルのLINEは、何かルールが決められていることが少なくなくありません。相手からのメッセージが届いたら「その日のうちに返信すること」など、細かい約束があることが多いのです。
 

一見するとマメにLINEをし合っているように見えるのですが、その背景には特に彼女が決めたマイルールが存在しているケースが多くみられます。
 

「こういうことがあったら必ずLINEで報告する」など、かなり窮屈なルールも多く存在します。男性にとっては単なる連絡手段にしすぎないLINEで、窮屈なルールに縛られてしまうと、段々と気持ちが離れていってしまうかもしれません。

空気の読めないスタンプ

男性の後ろ姿

短命カップルのLINEは、文章が多めのスタンプやスタンプの連打が多い印象です。
 

過剰にラブラブなカップル風スタンプは、実は受け取った彼氏はややげんなりします。相手のテンションにはお構いなしなので、空気の読めない人という印象を与えてしまいます。
 

独りよがりにその時送りたいスタンプを送り、受け取った相手の状況やテンションまで気が回っていないなんていう時はありませんか?一方的にスタンプを連打して、返事が来ない、遅い、冷たいと思っても、ある意味それは当然なのです。

彼氏の喜ぶLINEを送ろう!

カラフルなハートの風船

彼氏と会えない時はLINEでやりとりする人は多いと思います。あなたの彼が淡白な人で、LINEの返信があまり来ない、返信が遅い、冷たくて、悪気はないのは分かっているけどちょっと物足りない。そんな時は、彼氏が喜ぶ話題を意識したLINEを送ってみましょう。

会えないからこそ彼がホッとするような、嬉しくなるようなLINEを送れたら、すぐには返信が来ないとしても優しい返信が期待できるかもしれません。彼氏がもらって嬉しいLINE術をご紹介します!

彼に会えない恋しさを伝えるLINE

抱き合う男女

少し照れてしまいますが、たまには彼氏に会えない恋しさを伝えてみましょう。重いかも、負担になるかも、と自分の気持ちを抑えがちですが、男性からすれば言ってもらって嫌な気持ちはしないでしょう。

「次に会えるのが待ち遠しいな」と可愛く控えめにアピールすれば、彼もテンションは上がります。また「忙しいだろうから返信はなくても大丈夫だよ」というようなLINEもかなり好印象です。思いやりがある彼女だと思ってもらえるでしょう。

彼を応援するLINE

紅白のハートの風船

応援とはいっても「頑張ってね」「絶対できるよ」などの相手に押し付ける言葉では逆に彼氏はプレッシャーを感じてしまいます。これでは返信が来ない、遅いのもあまり変わらないかもしれません。彼が喜ぶのは、思わずにこっととしてしまうような、心が軽くなる言葉です。

「今の仕事が一段落したらおいしいごはん頑張って作るね」「次に会ったときは一緒にのんびりしようね」など、今より頑張れという応援ではなく、今のままで十分頑張っているから大丈夫、という応援メッセージが効果的です。

感謝を伝えるLINE

ThankYouのメッセージ

男性がもらって嬉しいのはやはり感謝の言葉です。「ありがとう」をきちんと伝えられる女性はとても魅力的です。「忙しいのに、会ってくれてありがとう。嬉しかったよ。」などとLINEしたら、とても愛おしく感じるでしょう。感謝の言葉は普段からできるだけLINEに散りばめる心がけてをしておきましょう。

彼を尊敬するLINE

スーツ姿の男性

男性は自尊心やプライドが高いので、男性としてその力量を認める話題を交えたLINEはかなりおすすめです。たとえば「立派だね」「すごいね」というワードは間違いなく彼氏が喜ぶ言葉です。
 

男性の多くは、ある一定のプライドや自信を持っていて、だれかにそれを認めてもらいたいと思っています。でも、自分から持ち出す話題ではないと自然と内に秘めるようになるもの。
 

そういう自分からアピールできないところを、彼女がLINEで褒めてあげることで一気に好感度アップして、冷たい返信がくることはないでしょう。

可愛らしいLINE

女性の髪に触れる男性

彼氏が喜ぶ言葉を直接ではなくLINEで伝えるからこそ、より彼が胸キュンする場合もありません。その代表が「もう少し一緒にいたかったな」です。デートの後に、彼氏にぜひ送りたいメッセージです。
 

たとえば週末のデートが終わり、駅の改札などで別れた後帰り道で「もう少し一緒にいたかった」と彼に送れば、胸キュン間違いなしです。冷たい返信が来たり、返信が返って来ないことはあまりないでしょう。
 

あえてLINEで伝えるより、あなたを前にするとなんとなく照れてしまって言えないというニュアンスが加わり、あなたをより一層可愛らしいと思うようになるはずです。「もう少し一緒にいたかった」というワードは、彼の存在自体を彼女が求めていることの表れです。自分を健気に思ってくれている彼女に、できるだけ早く返信したいと思うでしょう。

LINEは使い方次第!

カフェでスマートフォンを操作する女性

彼氏との連絡に今やLINEは欠かせないツールです。LINEは使い方によって、彼氏の負担にも、愛を深める手段にもなります。

返信がなくても神経質にならずに、相手を思うLINEを送って、気長に待つことがポイントです。LINEを上手に活用して長続きカップルを目指しましょう!

恋愛に関する記事はこちら!

Thumb女性の好意が分かるサイン・しぐさ・態度・行動!心理/会話/視線
気になる女性の心の中は知りたいですよね。自分のことをどう思っているのか、好きなのか、嫌いなの...
Thumb笑い上戸の意味や心理・特徴12個!笑い上戸な女性はモテる?
お酒の席などでよく聞く笑い上戸。お酒の席以外でもよく笑う人のことも笑い上戸といいます。そんな...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング