30代無職な人の特徴!30歳無職から就職するには?

30代無職な人の特徴とは?30代で無職な男性の特徴や30代で無職な原因などをご紹介します。また、30代で無職な人が就職するためにすべきことや30代無職職歴なしの人が就職するための対策なども解説していきますので、役立つ情報をチェックしてみてください。

30代無職な人の特徴!30歳無職から就職するには?のイメージ

目次

  1. 130代で無職な人ってどんな人?
  2. 230代で無職な男性の特徴
  3. 330代で無職な原因とは?
  4. 430代で無職な人が就職するためにすべきこと
  5. 530代無職で職歴なしの人が就職するための対策
  6. 630代で無職な人におすすめの仕事
  7. 7苦手なものを克服する地道な努力
  8. 830代無職な人に大事なのは選びすぎない・諦めない心

30代で無職な人ってどんな人?

30代で無職な人というのはどんな人でしょうか。無職な人の「特徴」としては、主に30代で無職な男性の特徴をご紹介します。

また、30代で無職な原因や無職な人が就職するためにするべきこと、職歴なしの人が就職するための対策などもご紹介します。さらには30代で無職な人へのおすすめの仕事をご紹介しますので、チェックしてみてください。

30代で無職な男性の特徴

30代で無職な男性の特徴とはどのようなものになるでしょうか。30代で無職な女性ももちろんいますが、専業主婦をやっていたり、育児中であったりと女性のほうが「無職」の明確な理由があるためここは男性の特徴を見ていきましょう。

飽きっぽい性格をしているのが特徴

30代で無職な男性の特徴としては、「飽きっぽい性格をしている」という特徴が挙げられます。仕事をしていなかったわけではないけれど、すぐに飽きて職を転々としているうちに、「いよいよ就職が難しくなってしまった」というパターンです。

若いうちはどんな仕事でもやる気を見せれば雇ってもらえるというところもありますが、職を転々としているうちに歳もとり、少しずつ雇う側の基準から外れてしまって、「採用されない」という流れです。

このような特徴の男性は仕事以外でも飽きっぽい性格をしていて、趣味も長続きしなかったり、人との関わりさえも飽きを感じるという特徴があるケースが多いです。

昼夜逆転しているのが特徴

30代で無職の男性の特徴といえば、「昼夜逆転している」という特徴も挙げることができます。夜中までテレビを見ていたり、ゲームをしていたり、マンガを読んでいたりして、寝るのが明け方になって完全な昼夜逆転です。

その状態になっていると就職活動をする時間もなくなってしまうので、無職状態が「長引く原因」にもなります。無理矢理早く起きて就職面接に行っても寝不足などで頭が回らず、不採用になる可能性も高まります。

もともと昼夜逆転しているような「夜型人間」というわけではなく、無職になってしばらくして、時間の経過とともに昼夜逆転していく、というパターンが多いです。

打たれ弱いのが特徴

30代で無職の男性の特徴としては、「打たれ弱い」というものも挙げることができます。何かあるとすぐに落ち込んだりふさぎ込んでしまうような性格をしていて、仕事で失敗したり怒られたりすると「仕事に行きたくない」となってしまいます。

そういう部分がきっかけで仕事をやめて30代で無職になっている人は、「仕事でミスするのが恐い」とか「仕事の人間関係が恐い」など軽いトラウマのようになってしまうケースも少なくありません。

もちろんこの打たれ弱いという特徴は仕事の環境だけではなく、親からの言葉や学生の頃、友人との関係でも表れるものなので、普段から打たれ弱い男性は30代で無職という状況になる可能性を秘めていることになります。

親に甘やかされているのが特徴

30代で無職の男性の特徴としては、「親に甘やかされている」という特徴もあります。そもそも30代で無職をできるのは親が面倒を見てくれるからに他なりません。

もし、親がいなかったら「嫌でも働く」ことになりますし、それができなければホームレスなどになっていまっているでしょう。直接的に甘い親ではなくとも、結果として親に甘やかされているということになります。

また、もともと甘い親だったから「仕事の辛さを耐え忍ぶ」ということができなかったとか、就活の辛さを乗り越えることができなかったなどのことにも繋がっているケースも多いです。

30代で無職な原因とは?

30代で無職な男性の特徴を確認してきましたが、ここからは30代で無職な原因というものを確認していきましょう。30代で無職な人というのは、なぜ30代にして無職になってしまったのでしょうか。

最終学歴が中卒

30代で無職な原因としては、「最終学歴が中卒」ということが挙げられます。学歴は関係なく、しっかり働いている人は働いていますし、「成功者」と言えるような人にも最終学歴が中卒という人は少なくありません。

ですが、「学歴社会」と言われるように、やはり学歴は就職の際に見られるものですし、「就職の幅」としては、大学まで卒業しているほうが広いのは確実なことです。

それらが原因となってる場合や、それらを「気にしすぎて」自分自身で就職の幅を狭めてしまっていることが原因となって30代で無職となってしまうのです。

Thumb高学歴ニートの特徴9個と原因や理由!再就職はできる?
高学歴ニートは今女性で増えていると言われています。本記事では、高学歴ニートの割合や特徴、なっ...

職歴がないまま無職になっている

30代で無職な原因としては、仕事を辞めてしまったとか、解雇されたとか、そういった「就職後の原因」ではなく、そもそも「職歴がない」つまり、「一度も就職したことがないまま30代になった」というものも挙げられます。

大学まで出て、就職活動は頑張ったけれど1件も内定が取れないまま挫折して、その挫折によるダメージが大きすぎてしばらく就職活動できずに、そのまま気づいたら30代になっていた、というパターンは実は少なくないのです。

うつ病などの精神疾患が原因

30代で無職な原因としては、「うつ病などの精神疾患が原因」ということも挙げられます。これは仕事をしてて、仕事が原因でうつ病になって辞めてしまった場合と、仕事は関係なしにうつ病になって辞めてしまった場合があります。

他にも就職活動中にうつ病になって就職できなかったパターンや、もっと早くからうつ病で就職をできる状態ではないまま30代になってしまったというケースもあります。

どのパターンにしても「仕事ができる精神疾患ではない」ということが原因ですが、うつ病自体が治っても、その後の就職が職歴や年齢などから難しく、30代で無職になってしまったというケースも少なくありません。

会社が倒産したのが原因

30代で無職な原因としては、「会社が倒産した」というケースもあります。自分自身にはそれほど大きな原因はなく、勤めていた会社が倒産して無くなってしまったというケースもあるのです。

それが30代であれば「30代無職」の人が生まれてしまいます。小さい会社で、かなり直接的に自分の頑張りが会社自体にも響く場合は自分にも責任がありますが、大きい会社の場合は、倒産することにそれほど自分は直接関係ありません。

ですから、30代で無職になってしまう原因には「倒産」という外的要因もあり得ます。そして、会社が倒産して無職になったのが30代となると再就職が簡単ではないので、非常に苦しい状況に追いやられることになります。

30代で無職な人が就職するためにすべきこと

30代で無職な人が就職をするためにすべきことにはどのようなものが挙げられるでしょうか。就職したいと考えているのであれば、やるべきことはある程度決まっているので、それをご紹介します。

1.ハローワークで仕事探し

30代で無職な人が就職するためにすべきことには、「ハローワークで仕事探し」というものが挙げられます。求人募集のチラシや求人サイトなどに載っていないような求人募集を見つけることができます。

また、ハローワークの職員がいちおうの「仲介」のようなことをしてくれますし、就職支援のようなものもありますので、それらを利用して就職先を探すことができるでしょう。

2.求人サイトをくまなくチェック

30代で無職な人が就職するためにすべきことといえば、「求人サイトをくまなくチェックする」ということも挙げられます。今は足を使って仕事を探さなくてもスマホ1台あれば色々な求人が見られる時代です。

そして、求人サイト自体もたくさんありますし、その求人サイト1つ1つの中に「無数」と言えるほどの求人募集が詰まっています。

それらを「くまなくチェック」することで仕事を見つけられますし、くまなくチェックすることで、今まで知らなかった自分がやってみたいと思える仕事に出会える可能性もあります。

3.資格を取る

30代で無職な人が就職するためにすべきことには、「資格を取る」というものも挙げられるでしょう。ただしこれは、「あったらあったで多少プラスになる」程度と考えたほうが無難です。

資格があることで就職に有利になるような資格というのは「難しい資格」になります。それは確実に取れる保証もなくリスクが高いですし、就職のために3ヶ月や半年程度で取れるような資格にはそれほど「希少性」が低いものが多いのです。

ただ、時間的リスクは大きすぎるので、短期間で「プラスになる」資格として、TOEICや介護系の資格などを取得すると有利に就職を進めることもできるでしょう。

30代無職で職歴なしの人が就職するための対策

30代無職で「職歴なし」の人が就職するためには、どのような対策を打っていったらよいのでしょうか。これまで働いたことがないまま30代になっているので、働くためにやるべきことと考えてよいでしょう。

やりたい仕事を探す

まずは「やりたい仕事を探す」ことが重要です。ただし、これまでに職探しのようなことをしたことが無い場合にのみやりましょう。

「やりたい仕事」というのは理想でしかないというのもまた現実です。「やりたい仕事」などと言うものをやれている人のほうが少ないと言えます。

ですから、これまでに職探しをしたことがなく、世の中にどんな仕事があるのかも分からないという場合は「やりたい仕事」から探していきましょう。

お金を稼ぐための仕事を探す

もう1つは、「お金を稼ぐための仕事を探す」というものです。「やりたい仕事」は理想、もしくは『幻想』なので、基本的には「お金を稼ぐための仕事を探す」ことをやりましょう。

仕事はお金を稼ぐためのものだと割り切って、その中でも「やれそうなもの」や「割がいいもの」など自分の判断基準で選んでその中から仕事を探していくと見つかりやすくなります。

両親や両親の知り合いに相談する

もう1つは、「両親や両親の知り合いに相談する」というものがあります。30代にもなって親に頼るのは嫌だと考える人もいますが、頼れるものはなんでも頼って「とにかく仕事をする」ことを優先しましょう。

親というのは自分よりも長く生きていますので、知り合いの数も多い可能性が高いです。そして親の世代の知り合いといえば、会社の中でもそれなりの地位にある可能性も高く、「ねじ込んでくれる』可能性もあるのです。

少々「ズルい」とか「裏口入社」のような形にも見えますが、これから先ずっと無職でいるわけにもいきませんから、少しズルいように見える方法でも使っていくべきです。

30代で無職な人におすすめの仕事

30代で無職な人におすすめの仕事とはどのようなものになるでしょうか。就職のしやすさや仕事のしやすさも含めて、おすすめのものをご紹介します。

①在宅ワーク

現代はインターネットが普及していて、「家でできる仕事」も多くあり、「30代で新人」という扱いを受けるようなところで働くよりも「在宅ワーク」のほうが向いている、働きやすいという人も少なくないでしょう。

②建築関係の現場仕事

ある程度の力仕事ができて、体力もあるのなら「建築関係の現場仕事」というのは就職しやすい職としておすすめできるものとなります。女性や体力がない人には不向きです。

③介護系の職業に就く

介護系の職業というのは、人手不足が叫ばれていますので、職を探す上では非常に探しやすいですし、資格がないとできない「介護」はあるものの、介護施設で働くこと自体はできますので、無資格でも就職可能です。

また、「介護師」となると簡単な資格とは言えませんが、それよりも少々できることは少ないものの「介護系」の資格というのは他にもあるので、働きながら資格取得を考えても良いです。

また、これから先どんどん高齢化社会が進むと予想されているので、「仕事がなくなる心配もない」のが介護系の職業のおすすめポイントでもあります。

④派遣社員として働く

無理に「正社員」にこだわる必要もなく、身軽で仕事に就きやすい「派遣社員として働く」というのもおすすめの仕事と言えるでしょう。派遣先で「頑張れば」正社員登用もあり得ますし、やりがいがないというわけでもありません。

苦手なものを克服する地道な努力

仕事をして「役立たず」だと言われたり「無能」だと言われるのは、その仕事に対する能力がなかったり、向き不向きの問題もありますが、「就職できない」のはそれ以前の問題というケースも少なくありません。

もちろん、「若い」ことや、「経験者」という人と争って就職するのは不利な立場ではありますが、就職前に蹴られてしまうのは何かしらの原因・理由があると考えましょう。

面接、つまり人と話すのが苦手だったり、エントリーシートの字が汚い、文章にまとまりがない、など何か苦手なことがあるはずです。そういったものも地道に克服していく努力をしていけば、入り口は今よりも大きくなるのです。

30代無職な人に大事なのは選びすぎない・諦めない心

新卒でも就職するのが難しいと言われている近年で、30代無職というとそれは新卒以上に厳しい現実が待っているのも事実です。ですが、「絶対に就職は無理」ということはありません。

まず、30代無職という現実を打破するためにも「とにかく働く」ということを第一に考え、「選びすぎない」という心が大切になります。自分自身に「選べるような立場ではない」ということを言い聞かせることも重要でしょう。

また、「選ばなくても就職できない」という厳しい現実を突きつけられるケースもありますが、諦めたら絶対に就職できず、そこが就職確率0%になる瞬間です。わずか1%でも可能性がある限りは「諦めない」心を持ちましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ