もみあげが濃い女性の処理や切り方!カットして手入れする方法とは?

もみあげが濃い女性の処理やカットの方法について紹介します。もみあげが濃い女性はもみあげを見るたびにどうしたらいいのか不安になるでしょう。しかし、もみあげはきちんと処理することで綺麗になります。自己処理の方法も伝授しますので是非覚えてください!

もみあげが濃い女性の処理や切り方!カットして手入れする方法とは?のイメージ

目次

  1. 1もみあげで悩んでる女性は多い
  2. 2もみあげが濃い女性の印象
  3. 3もみあげを処理することのメリット
  4. 4もみあげ処理にデメリットはあるの?
  5. 5理想的な女性のもみあげとは?
  6. 6もみあげを自分で処理する方法
  7. 7自分でカットやお手入れが難しい場合は?
  8. 8自己処理で間違って全剃りしてしまったときの対処法
  9. 9もみあげまで見られている意識を持とう!

もみあげで悩んでる女性は多い

もみあげで悩んでる女性が多いのをご存知でしょうか。もみあげなんてちょっとした部分でしかないと思う人もいますが、それはもみあげが薄い人だからこそ言えることでしょう。

もみあげが濃いとかもみあげが長い女性にとっては、もみあげが最大の悩みになっている場合も考えられます。しかし、あまり悩みすぎるともみあげばかりを気にする人生になるでしょう。

もみあげを気にせずにお洒落を楽しんでいくためにも、どうしたらいいのかを見ていきましょう!

もみあげが濃い女性の印象

まずは、もみあげが濃い女性の印象について紹介します。もみあげが濃いことを気にする女性は多いですが、周りからの印象はどんなものになるのでしょうか。

意外と目に付くもみあげなので、周りからどう思われているのかが重要になります。もみあげが濃い女性は、自分で「このもみあげの濃さがネックだ・・・。」と気にするほど周りも気にしているのでしょうか。

女性らしさが少ない

もみあげが濃い女性の印象は、「女性らしさが少ない」というものがあります。やはり毛がしっかりしているというのは男性っぽいイメージを与えてしまうのでしょう。

また、女性のもみあげというのは産毛みたいな人もいれば、ほとんどないような人もいます。それだけにもみあげが濃いとなると、「女性らしくはない。」と感じられてしまうのでしょう。

顔立ちが女性らしい人でも、もみあげがあることで女性らしさが半減してしまう人もいます。もみあげは女子力を上げるためにも意外と重視されている場所なのです。

全身毛深そう

もみあげが濃い女性の印象は、全身毛深そうというものがあります。もみあげが濃いというだけで、全部の毛が濃く見えてしまう可能性もあるのです。

実際は、もみあげが濃いだけで手足の毛が薄い人もいるでしょう。しかし、手足の毛よりももみあげのほうが目につきやすいため、もみあげが濃いだけで毛深い女性と思われることもあるのです。

人の目線に入りやすいのがもみあげなので、毛深い印象を持たれてしまうのでしょう。この印象は、もみあげが濃い女性からすると悩みを大きくするものです。

もみあげを処理することのメリット

もみあげを処理することのメリットについて見ていきましょう。もみあげを処理することにはどんなメリットがあるのでしょうか。ただ毛深いなどの印象から解放されるだけではなく、他にもメリットがあります。

女性がもみあげをカットすることは、女性としての美しさが増したりなどいろんなメリットがあるでしょう。そのメリットについて、詳しくチェックしていきましょう!

横顔の美しさが増す

女性がもみあげをカットすることのメリットは、横顔の美しさが増すことです。せっかく横顔美人なのにもみあげが濃いと「もったいないな。」と思われるでしょう。

しかし、横顔が美しく、もみあげもしっかりカットされているとより美しさが増して「綺麗な人だな。」と感じられることが多くなるのです。

横顔にもみあげは必ず入ってくるポイントになるため、もみあげを手入れしているだけで印象は全く違うものになるでしょう。横顔の美しさが増すということは、女としての魅力が上がるということです。

清潔感が増す

女性がもみあげをカットすることのメリットには、清潔感が増すというものもあります。顔周りがすっきりするというのは、明らかに清潔感が増すことに繋がるのです。

なんとなく毛というのは良い印象を与えないことも多いものです。そのため、もみあげが濃かったり手入れされていないと、「なんか嫌かも・・・。」と思われることがあるのです。

しかし、綺麗にカットしているもみあげなら、嫌な印象を与えるどころか綺麗で清潔な人というイメージを持ってもらうことができるのです。

顔が小さく見える

もみあげが濃くて長いと、顔が縦長に見えてしまう効果があります。そのため、もみあげを処理すること小顔効果を出すことができるのです。

もみあげがあるほうが影になるのでは?と思う人もいますが、もみあげの印象が強いと、それだけ顔の印象も強くなってしまうのです。そのため、顔が大きく見えてしまうことも否めません。

もみあげを処理することで、顔が大きく見えてしまう可能性を削除することができるのです。もみあげ処理はメリットが豊富で、顔が小さく見えることで似合うメイクも増えるでしょう。

もみあげ処理にデメリットはあるの?

女性がもみあげを手入れしたりカットしたりすることでメリットがあることが分かりましたが、メリットがあるということはデメリットもあるということでしょうか?

デメリットがあるとしたらどんなデメリットがあるのかを見ていきましょう!もみあげカットにデメリットはあまり思いつかない人も多くいます。

だからこそ、カットする前にどんなデメリットがあるのかを知っておいたほうがいいのです。

失敗したら大変

女性がもみあげを手入れするデメリットには、失敗したら大変というものがあります。もみあげは、たかがもみあげと思われがちですが、かなりその人の印象を左右するものがあります。

もみあげが何かおかしいとバランスが取れていない顔に見えたりもするのです。もみあげをカットして綺麗になるのならデメリットにはなりませんが、ミスをしたらデメリットになってしまいます。

また、もみあげは自分でカットするのが難しいというのもデメリットに繋がる大きな要因の1つでしょう!

部位が顔だけにデリケートで荒れやすい

女性がもみあげを手入れするデメリットには、部位が顔だけにデリケートで荒れやすいというものがあります。カミソリを使ってブツブツができてしまった人もいます。

また、もみあげがジョリジョリして痒みを伴うという人もいるのです。このデメリットには気をつけていないと、顔全体の印象が暗いものになることもあるでしょう。

もみあげの手入れもやりすぎることで顔に傷を作ることもあるので気をつけてください。

理想的な女性のもみあげとは?

理想的な女性のもみあげについて紹介します。もみあげを手入れするとか、カットするにしてもどんなもみあげにしたらいいのかが分からない人は多いでしょう。

女性らしいもみあげにするためにも、理想的な女性のもみあげを知っておくのは重要なことでしょう。もみあげをカットする前に、理想のもみあげをインプットしておきましょう!

理想的な長さ

女性の理想的なもみあげの長さは、耳たぶ程度です。耳たぶを超えると長すぎるもみあげになります。ただ、人によって耳の大きさは異なります。

必ず自分の耳の長さに合わせたもみあげになるように手入れしていきましょう。自分の耳の長さに合わせるが自分の顔にマッチしたもみあげになると思ってください。

耳たぶよりもちょっと短い耳の穴の終わりぐらいで手入れをするのもおすすめです。ちょっと短めも清潔感があって女性には人気があるのです。

理想的な濃さ

女性の理想のもみあげの濃さは、薄めです。どれぐらい薄めがいいかというと、おでこの生え際の産毛を見てみましょう。生え際の産毛というのは、薄めの毛になっているはずです。

生え際の産毛よりも少し濃い目ぐらいで手入れすると理想の濃さに近くなるでしょう。もみあげが濃い人にとってはカットする量が多くなる可能性もあります。

幅は狭くしないように注意

女性の理想のもみあげですが、幅を狭くしないように注意してください。逆三角を綺麗に作るように整えていくと、幅が狭くならないでしょう。

あまりに幅が狭いと、男性がもみあげを手入れしているようになってしまいます。また、不自然さから、あからさまにもみあげを手入れしています!という感じに仕上がってしまうでしょう。

女性のもみあげは、ごく自然なほうが素敵ですので、幅を狭くしすぎないことにも気をつけておきましょう。

もみあげを自分で処理する方法

もみあげを自分で処理する方法を見ていきましょう!もみあげなら自分で処理することができそう!と思う人もいるでしょう。

手先が器用な人なら、もみあげの処理も自分で行えます。また、徐々に慣れてくるので少しずつ処理をしていくことで綺麗なもみあげが作れるでしょう。

用意するもの

もみあげを自分で処理するためには、用意する道具があります。もみあげを処理することを考えたら、もみあげカットのためのハサミとシェーバーがいるぐらいにしか思わない人もいます。

しかし、もみあげ処理のためには、ほかにも必要な道具を揃えなければなりません。どんな道具がいるのか見ていきましょう!そして必要なものを揃えてから処理をスタートしてください。

【もみあげ処理に必要な道具】
・顔用の電動シェーバー
・コーム
・はさみ
・アイライン
・ゴム
・ヘアピン
・保湿クリームなど

処理の仕方

次に、処理の仕方をチェックしていきましょう。もみあげを処理するときは、意外と毛の多さにビックリするでしょう。

そして「ここもするの?」「ここは髪の毛?」と分からなくなってしまうこともあるはずです。そうならずに綺麗に処理していくためにも、もみあげの自己処理の方法について、先にマスターしておきましょう!

①髪の毛を一つにまとめてもみあげのみにする

まずは、髪の毛まで切ってしまわないように、髪の毛を全て一つにまとめてゴムで結びます。とどかない髪の毛がある場合は、ピンを使って邪魔な部分を止めてしまいましょう。

意外とこの作業が大事になるため、手を抜かずに丁寧に行ってください。ちょっとでも髪の毛が落ちてくる場合は、ピンでしっかり留めたり、もう一度結び直したりしてもみあげのみが残るようにしましょう。

②もみあげをコームで整える

もみあげをコームで綺麗に整えます。もみあげが癖ついていたり、ボサボサになったりすると全体の長さや濃さが上手に整えられません。

きちんと、バランスの良いもみあげを作っていくためにも、最初にコームで整えておきましょう。コームで整えると、今現在の正しいもみあげの濃さも把握できるでしょう。

③したい形の下書きをする

コームで整えた後は、アイライナーを使って、整えたいもみあげの形の下書きをしていきましょう。このとき、左右のもみあげが一緒の形になるように意識して書いてください。

また、細くなりすぎないこと、先が尖り過ぎないことにも注意して書いていきましょう。アイライナーである程度上手にかけたら、処理後のもみあげのイメージもしやすくなります。

④長さをカットしていく

まずは、濃さを薄くしていくために長いもみあげをカットしていきましょう。そして、アイライナーにそってもみあげの形を整えていきます。

電動シェーバーやハサミを使って細かく丁寧にカットしていきましょう。一気にするのではなく、ちょこちょこと少しずつしていくことをおすすめします。

右を少ししたら左を少しして、などのように左右対称にちょっとずつ進めていきましょう。

⑤周りの余計な部分を剃る

ある程度、カットが終わったら周りの余分な部分を剃ってください。このとき、客観的な目で見ないと必要な部分まで失くしてしまうので気をつけましょう。

ちょっと鏡から離れて見るのがコツです。鏡に近すぎると全体のバランスが見えなくなるので注意してください。

⑥左右のバランスを見て保湿する

左右のバランスがきちんと取れていることを見たら保湿してください。保湿を忘れると肌がかぶれやすくなるので、丁寧に保湿しておきましょう。

左右のバランスがしっかり取れていないと思ったときは、微調整を入れてまた保湿しましょう。

自分でカットやお手入れが難しい場合は?

もみあげでも自分でカットするのが難しいと思う人もいるでしょう。確かに、もみあげを自分で手入れするのは怖い気持ちがあるというのも分かります。

しかし、自分でカットできないのなら、どうやってカットしていけばいいのでしょうか。その方法について見ていきましょう!

シェービングサロンでプロに任せる

シェービングサロンに行けばプロの人からカットしてもらうことができます。とても綺麗なもみあげを作ってくれるため、かなり満足できる形に整えることができるでしょう。

クリニックやエステで脱毛

クリニックやエステに行くことで、もみあげの脱毛をしてもらうことができます。顔脱毛と一緒にもみあげを整えてくれるところもあります。

脱毛なのでしばらくすると処理しなくてもよくなる可能性もあるでしょう。お金はかかりますが、実は1番楽な方法だったりもするのです。

自己処理で間違って全剃りしてしまったときの対処法

もみあげの脱毛をしていると、どこまでしていいのか見境がつかなくなることがあるでしょう。間違えて全剃りしてしまうこともあると思います。

もし全剃りしてしまったら、かなり大変なことをした!と焦ってしまう可能性もあります。そんなときは、カバーすることで対処していきましょう!

髪の毛を垂らしておく

もみあげを間違えて全剃りしてしまったときの対処法は、髪の毛を垂らしておくことです。耳にかけたりアップスタイルにはしないようにしてください。垂らしたままで過ごしましょう。

女性は髪の毛が長い人が多いので、髪の毛を垂らしておけば、もみあげを失敗したことはバレないでしょう。

フェイスラインに後れ毛を作る

もみあげを全剃りしたときの対処法は、フェイスラインに後れ毛を作ることです。髪の毛をアレンジしたいときや、髪の毛を耳にかけたいと思ったときは、後れ毛でカモフラージュしていきましょう!

フェイスラインに後れ毛を作ることでちゃんともみあげがある程度あるようにも見えるはずです。

伸びるのを待つ

もみあげを全剃りしたときの対処法は、伸びるのを待つしかないというものもあります。もみあげなので意外と早く伸びてくるでしょう。

次伸びてきたときは、間違えて全剃りしてしまわないようにしてください。

Thumb濃い眉毛を薄くする方法!眉毛を薄くしたい・整えたい女性必見!
眉毛が濃いことで悩んでる女性もたくさんいると思います。眉毛を薄くするためにはどんな方法がある...

もみあげまで見られている意識を持とう!

女性のもみあげについて見ていきましたが、もみあげまで見られていると思わなかった人も多いでしょう。意外ともみあげは注目されている部分になります。

もみあげまでしっかり意識して、綺麗な横顔や清潔感をプラスできるようにしましょう!もみあげが綺麗だと女度が上がって素敵な人と思われることも多くなります!

美容について!

Thumb眉毛を全剃りした後の書き方やメイク術【男女別】
眉毛を全剃りすればおしゃれやメイクを楽しめるので、チャレンジする人も居ると思います。眉毛を全...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ