背中の毛のおすすめの自己処理方法!ムダ毛を自分で剃るには?

皆さんの中には、背中の毛の処理で困っている人もいるでしょう。自分で気づきにくい上に処理しにくい背中の毛は、意外と目立つので処理で長年悩んでいる人もいると思います。そこで、今回はおすすめの背中の毛の自己処理方法を、いくつか紹介していきましょう。

背中の毛のおすすめの自己処理方法!ムダ毛を自分で剃るには?のイメージ

目次

  1. 1毛深い背中に悩んでいる人は多い
  2. 2背中が毛深い男性の印象
  3. 3背中が毛深い女性の印象
  4. 4背中の毛が濃くなる原因
  5. 5男性・女性におすすめの背中のムダ毛の自己処理方法
  6. 6背中のムダ毛を自分で処理する際の注意点
  7. 7背中のムダ毛を誰かに処理してもらう場合の方法
  8. 8男女共に不評な背中の毛は自己処理できるようにしよう

毛深い背中に悩んでいる人は多い

背中が毛深いことで悩んでいるという人は意外と多いのです。背中の毛で悩むのは男性というイメージがありますが、実は背中の毛の処理で困っている女性もたくさん存在しています。

背中の毛は男女共に意外と周囲の人から見られており、毛深い背中は男性にも女性にもあまりよい印象を抱かれません。しかし、背中の毛はどのように処理したらよいのか分からないという人がほとんどでしょう。

そこで、今回は背中の毛の自己処理方法や、背中の毛が濃くなる原因などを詳しく取り上げていきたいと思います。自分で背中の毛を上手く処理したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

背中が毛深い男性の印象

背中が毛深い男性は、女性からどのような印象を抱かれているのでしょうか?以下では、女性から見た背中が毛深い男性の印象について確認していきます。以下の内容をしっかり把握して、背中の毛の処理へのモチベーションを上げていきましょう。

動物のようで気持ち悪い印象

男性の毛深い背中には、毛深い動物を連想させて気持ちが悪いという印象を抱く女性が多いとされています。たくましい背中は女性から好印象を抱かれやすいですが、特にたくましい背中が毛深いと動物のようで気持ち悪いという悪い印象を抱かれてしまうようです。

たくましい背中を持つ男性は、より背中の毛の処理を怠らないように注意しましょう。

清潔感がない印象

男性の毛深い背中は、清潔感がない印象も抱かれがちです。日本人の毛は黒いので、あまり日に焼けない背中に毛が生えていると特に目立ちます。そのため、毛深い背中は汚らしく不潔という印象を抱かれやすくなってしまうのです。

男らしくてかっこいい印象

毛深い背中の男性には、男らしいというよい印象を抱かれることもあるのです。毛深さは男性らしさの象徴でもあるので、毛深い背中に男らしさを感じるという女性も多いとされています。

しかし、あまりにも背中に清潔感がない状態であると、男らしいという印象を抱かれにくいようです。

背中が毛深い女性の印象

特に背中が毛深いことで悩んでいる女性は、背中が毛深い女性はどのような印象を抱かれりやすいのか気になるでしょう。そこで、以下では背中が毛深い女性の印象も、詳しく取り上げていきたいと思います。

全体的にだらしない印象

背中が毛深い女性には、だらしない印象を抱く男性が多いようです。

男性の多くはムダ毛をきちんと処理している女性に、きちんとしているというよい印象を抱きがちです。一方で、背中の毛の処理が甘い女性には、だらしないという悪い印象を抱きやすいとされています。

不潔で女性らしくない印象

背中のムダ毛が多い女性には、女性らしくないという印象を抱く男性も多いとされています。女性にはムダ毛が一切生えないと思い込んでいる男性もいるほど、女性対する男性の清潔なイメージは強いのです。

そのため、男性の多くは背中にムダ毛が多い女性には、不潔で女性らしい魅力が感じられないという印象を抱きがちなのでしょう。

ただ汚らしい印象

背中のムダ毛が多い女性には、汚いという印象を抱く男性も多いようです。男性に背中の毛で汚いと思われてしまうことはショックでしょう。

しかし、背中の毛は自分では気付きにくいですが、黒い背中の毛は意外と目立っているものなのです。さらに、背中の毛が太いと、薄手の服から透けて見えてしまうこともあります。

そのため、背中が毛深い女性には、どうしても汚いという印象を抱いてしまう男性が多いのです。

背中の毛が濃くなる原因

背中の毛が濃くなってしまう原因を知りたいという人も多いでしょう。そこで、以下では背中の毛が濃くなってしまう原因を解説していきたいと思います。背中の毛が濃くなる原因に興味がある人は、ぜひ注目してみてください。

背中の皮膚に刺激が多い

背中の毛が濃くなる原因には、背中への刺激の多さが挙げられます。背中に皮膚への刺激が多いと、肌を保護する機能が活発になるのです。産毛は摩擦や紫外線などの刺激から、肌を守るために生えています。

そのため、日焼けや摩擦が多い背中の産毛は、皮膚を守るために濃くなってしまいやすいのです。背中の毛に悩んでいる人には、一度生活の中で背中への摩擦や紫外線などの刺激が多くないか、確認してみることをおすすめします。

体温調節機能が上手く働いていない

人間の体の毛は、体内の温度を調節する役割も負っています。そのため、体内の温度を上手く調節できなくなると、背中の毛が濃くなることがあるのです。

体内の温度調節機能は、体全体の機能をコントロールしている自律神経が乱れることで、スムーズに働かなくなってしまいます。自律神経は過度なストレスで乱れやすいので、心身をしっかり休める時間を設けることが、背中の毛を濃くしないことにつながるのです。

男性ホルモンの分泌量が多い

体の産毛が濃くなる原因の1つには、男性ホルモンが多く分泌されていることも挙げられます。闘争本能を強める男性ホルモンが多くなると、体を守ろうとして体毛が濃くなりがちです。男性ホルモンには、判断力や行動力を高めるというよい働きもあります。

しかし、多すぎる男性ホルモンは背中の毛が濃くなる原因になってしまうのです。また、女性でも女性ホルモンの乱れによって、男性ホルモンの分泌量が増え、体毛が濃くなってしまうこともあります。

男性・女性におすすめの背中のムダ毛の自己処理方法

背中のムダ毛の処理に困っている男性や女性には、手軽に自分で処理できる方法をおすすめしていきましょう。背中のムダ毛を上手く剃ることができずに悩んでいる女性や男性は、ぜひ試してみてください。

1.除毛スプレー

背中まで手が届かず、背中の毛を上手く剃ることができないという人は多いと思います。そのため、除毛スプレーによる処理が、背中の毛の処理にはおすすめです。スプレーなので手が届きにくく、処理が甘くなりがちな背中の真ん中の毛も簡単に処理できます。

背中の毛用の除毛スプレーには、お風呂で使える便利なタイプのスプレーもあるので、ぜひ自分が使いやすいスプレーを探してみてください。

2.背中用シェーバー

背中用のシェーバーを使うという方法も、自分で背中の毛を剃る方法としておすすめです。背中用シェーバーは持ち手が長めになっているので、手が背中に届かない人でも自分で背中の毛を剃ることができるでしょう。

背中の毛をシェーバーで剃るときには、しっかり毛を剃れるように、シェーバーを軽く垂直に肌に当てることを意識してください。また、背中や肩、腰などの部位に分けてシェーバーを使うと、剃り忘れを防ぐことができます。

剃った後に肌がヒリヒリする場合は、しっかり保湿剤を塗るようにしましょう。

3.除毛タオル

気軽に背中の毛を処理したいという人には、除毛タオルを使った処理がおすすめです。体を洗うタオルとして使えるので、面倒くだがりの人や不器用な人でも毎日気軽に背中の処理ができます。

さらに、除毛タオルはしっかり背中の汚れも落としてくれるので、背中の肌のケアにも適しているのです。しかし、除毛効果はタオルをしばらく使い続けないと出ないため、注意が必要です。

背中のムダ毛を自分で処理する際の注意点

背中のムダ毛を自分で剃る際には、いくつかの注意すべきポイントがあります。そこで、以下ではそのポイントについて詳しく解説していきましょう。

背中のムダ毛を安全に自分で処理できるようになりたい人には、以下の注意ポイントを覚えておくことをおすすめします。

除毛クリームを使うときは肌をしっかり保護する

手が届きにくい背中の毛の処理では、除毛クリームを使う人もいるでしょう。脱毛クリームは毛を溶かす薬剤が入っているので、皮膚や爪などがダメージを受けることもあります。

そのため、脱毛クリームを使うときは、しっかり手を保護するビニール手袋を使用しましょう。

また、背中の皮膚は意外と薄いので、しっかり脱毛しようとクリームを塗ったまま長時間放置すると、背中の皮膚が荒れてしまうこともあります。そのため、除毛クリームを使うときは、しっかりクリームの正しい使い方を守るようにしてください。

また、肌が弱い人には除毛クリームを使う前に、パッチテストを必ず行うことをおすすめします。

何度も同じ部分を剃らない

シェーバーやカミソリで背中のムダ毛を剃るときには、肌を傷つけないように、何回も同じ部分を剃らないようにしましょう。背中の毛をしっかり剃るには、毛の流れに沿ってシェーバーを動かすことが重要です。

そのため、何回も同じ個所にシェーバーやカミソリの歯を当てないように、必ず毛の流れに沿ってシェーバーやカミソリを動かすようにしてみてください。

毛を処理した後の肌のケアを怠らない

背中の毛を自分で処理し終わった後には、背中の肌のケアを怠らないようにすることも大切です。背中の毛を自分で無事に処理できた直後は、達成感と安心感でつい肌のケアを忘れてしまいがちでしょう。

しかし、毛を処理した後の背中は敏感になっているので、長期間放置していると空気や肌に存在している細菌によって炎症を起こしてしまいやすいのです。

そのため、背中の毛を処理した後は、背中の余分な薬剤をしっかり落とし、仕上げに背中に保湿剤を多めに塗るようにしましょう。

背中のムダ毛を誰かに処理してもらう場合の方法

背中のムダ毛が濃かったり、手が届かない場所にムダ毛があったりすると、自分だけでは処理できないこともあるでしょう。そこで、以下では、誰かに背中のムダ毛を処理してもらう場合に、おすすめの処理方法も見ていきたいと思います。

1.脱毛クリームで処理

脱毛クリームを誰かに塗ってもらう場合は、最初に薬剤が浸透しやすいように、お風呂に入って背中の毛穴を開かせます。その後、ムダ毛が隠れるくらいたっぷり薬剤を塗ってもらい、さらにラップを巻いてもらってしばらく待ちましょう。

時間が経ったらクリームを軽くふき取り、お風呂でしっかり背中の薬剤を落とします。仕上げに背中に保湿クリームを塗ってもらい、さらに保冷剤を背中に当てて5分ほど肌を引き締めてもらいましょう。

最後の冷却には炎症を鎮めるという意味もあるので、しっかり忘れないようにしてください。

2.カミソリで剃る

カミソリを使って剃る方法も、背中の毛を誰かに処理してもらう方法としておすすめです。カミソリで背中のムダ毛を上手く剃るには、毛の生えている向きに沿ってカミソリを動かす必要があるので、ぜひ誰かに剃ってもらいましょう。

カミソリで背中の毛を剃ってもらう場合はまず、炎症を防ぐために背中の汚れや汗を除菌シートでふき取ります。その後、肌を保護するシェービングクリームをたっぷり塗ってから、カミソリで毛を剃ってもらいましょう。

毛を剃ったらシェービングクリームをふき取り、しばらく冷やしタオルや保冷剤で背中の肌を引き締めます。その後シャワーでシェービングクリームをしっかり落とし、仕上げに保湿剤を塗りましょう。

背中の肌は思った以上にデリケートなので、カミソリで毛を剃ることで肌が荒れてしまいやすいのです。そのため、カミソリで誰かに背中のムダ毛を剃ってもらうときは、シェービング剤や保湿剤などもしっかり用意しておきましょう。

カミソリでの正しい剃り方

カミソリで背中の毛を剃る際には、正しい剃り方をしないと剃り残しが多くなったり、肌に傷がついたりしてしまいます。そこで、以下ではカミソリでの正しい背中の毛の剃り方を3つ紹介していきましょう。

①背中の毛の流れに沿ってカミソリを動かす

カミソリは基本的に毛の流れに沿って使います。背中の毛の流れは肩や中央部分などによって異なるので、背中の部位別にカミソリを当てる方向を変えるようにしましょう。

背骨に近い部分の毛は上から下に向かって生えているので、上から下にカミソリを動かします。肩甲骨部分の毛は中央に向かって生えているので、外から中央に向かって剃りましょう。

また、肩の外側部分は外に向かって生えているので、外に向かって剃るようにします。腰の部分の毛は中央から外に向かって生えているので、その流れに沿って剃りましょう。

②剃り残しの毛は逆方向に剃る

カミソリでは一回で背中の毛を剃りきることが理想ですが、どうしても少し毛が残ってしまうこともあるでしょう。その場合は、毛の流れとは逆方向に剃ります。逆方向に剃るときには、完全に毛を剃りきるように注意しましょう。

③刃は肌に垂直に当てて軽く動かす

カミソリの刃は肌に対して垂直に当てないと、上手く毛を剃れないことがあります。さらに、あまり力を入れて剃ってしまうと、刃が肌を傷つけやすくなってしまうのです。

そのため、カミソリは刃を肌に垂直に当てながら、滑らせるように軽く動かすようにしましょう。何度も同じ部分を剃ってしまうことは肌荒れの原因にもなるので、正しい剃り方を意識して、一度で毛をしっかり剃りきるようにしてください。

Thumb濃い眉毛を薄くする方法!眉毛を薄くしたい・整えたい女性必見!
眉毛が濃いことで悩んでる女性もたくさんいると思います。眉毛を薄くするためにはどんな方法がある...

男女共に不評な背中の毛は自己処理できるようにしよう

今回は背中の毛を自分で処理する方法について見ていきました。背中の毛は男女共に悪い印象を抱かれがちなので、しっかり自分で処理したいものです。

自分で背中の毛の処理ができるようにしたい人は、ぜひ今回の内容から、自分にあった背中の毛の自己処理方法を見つけてみてください。

Thumb眉毛を全剃りした後の書き方やメイク術【男女別】
眉毛を全剃りすればおしゃれやメイクを楽しめるので、チャレンジする人も居ると思います。眉毛を全...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ